トップニュース

宮殿:日本の天皇、大流行にオリンピックについて「心配」

東京(AP) – 日本の徳仁天皇は東京オリンピックとパラリンピックがコロナウイルスの拡散を加速することができると「非常に心配」していると皇居首長は木曜日試合が1カ月でオープンすると発表した。

このゲームは、感染の危険のために専門家の注意とキャンセルや追加演技に対する大衆の絶え間ない要求にもかかわらず、感染症が進行される間、数千人の外国人選手、管理、スポンサーおよびジャーナリストを日本に連れて来ることです。

皇室庁長である西村康彦は記者会見で、皇帝が懸念を表明したと述べた。

Nishimuraは「彼の陛下は、現在COVID-19感染状況について非常に心配しています。 「大衆の間で不安の声があるが、私は(皇帝)が、オリンピックとパラリンピックを開催することが、感染の拡大につながる可能性があると懸念すると思います。」

遅延のゲームは、7月23日に開かれ、パラリンピックは一ヶ月後に開始されます。

Nishimuraはまた、「皇帝が名誉パトロンに仕えるオリンピックとパラリンピックで感染が広がっていないように可能なすべてのアンチウイルス対策を取る必要があります」と主催者側に促しました。

皇帝は、政治的な力がない国の象徴です。 しかし、彼の父のようになるヒートは幅広い人気を得た彼の言葉は非常に尊敬されます。

菅義偉首相は国民の公衆衛生の専門家の懸念にもかかわらず、オリンピックを開催することを決定しました。

9人で構成されたウガンダのオリンピックチームが訓練のために主催する日本西部の都市泉佐野の管理者は、チームの2番目のメンバーが、ウイルスの陽性反応を見せたと述べた。 最初のコーチは、土曜日、東京に到着したときに検出された。 残りのチームは、大阪のホテルから隔離しています。

シュガーは4月末から施行された東京の三番目の緊急事態を緩和し、バーやレストランの営業時間短縮に焦点を当てた以下の厳格な措置に移行しました。 しかし、専門家は、感染がすでに東京地域で回復されており、今後数週間のうちに加速することができると述べた。

加藤甲信閣僚は天皇の懸念が影響を軽視し、大庁長が「自分の個人的な見解」を表明した信じてた。

徳仁(61歳)も月曜日学術賞での演説で、感染症への懸念を表明しました。」この課題を克服するためには、国内外のすべての私たちが心を集めに協力することが重要です。 “

1年延期前の計画に基づいて徳仁は開幕式で、オリンピックの開始を宣言する予定だったが、彼の出場を含む詳細はまだ確定していなかったと宮殿の関係者は語った。

READ  90年代のセガのアーケードを家に。 「アストロシティミニ」本日発売! - ギズモ・ジャパン

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close