経済

家族経営? 日本の総選挙で初心者の、難関にぶつかっヒダ

東京 – 10月31日、日本の中原選挙を控えて、火曜日正式に選挙運動が始まりました。 予備選挙は改革を要求する絶え間ない要求を特徴とするが、これまでの候補者データを見ると、まだかなりの参入障壁があることを示しています。 国内政治入門者。

1996年以来、8回の議員選挙に出馬した8,803人の候補のうち、比例代表を含めて給候補の約20%だけが当選した。 Nikkeiは今回の選挙のデータを調査し、なぜ現職候補に有利な可能性が高いことを確認しました。

日本の政治での候補者は、3つの「禁止」があれば有利だとします。 地盤 (つまり、支持団体や擁護団体などの政治機械); kanban (よく知られている性); そして コート (戦争ボックス)。 「世襲候補者」は、一般的に、父や他の年齢の多くの家族からは3つの主要な資産を継承します。

日本は1996年10月の参議院選挙で比例代表制選出される議席と1人の議席を組み合わせた選挙制度を導入して以来、四半世紀が過ぎた。

Fujitsuのデータ科学チームと協力してNikkeiは、これらの遺伝的メリットの力を評価するために、過去の選挙のデータを調査しました。 記者が収集した情報と、総務省のデータを活用して、1996年から中原選挙のすべての選挙区との候補者データベースを構築し、選挙結果を分析した。

政治機械の力と選挙結果との関係を調査するために候補者を「世襲」、または両親やその他の親族がダイエット議員の候補者と「比喩前」議員に分類した。 世襲候補者は、親の一人が国会議員である人や財産の一部または全部を継承した人と定義しました。 地盤 血縁や結婚に血縁関係がある議員から。

世襲候補者は調査対象の選挙に出馬したすべての人の13%を占めました。 1人の選挙区でたが比例代表に選出された人を含めて80%の選挙率を記録した。 遺伝ではなく、候補者は、はるかに少ない上手30%の勝率を記録しました。

世襲候補のうち、70%が自民党に出馬しました。 彼らは不利な選挙環境でも良い成果を出す傾向がありました。 例えば、2009年の参議院選挙で自民党は大きな敗北に遭い、日本の歴史で初めての選挙で執権しました。 その年、自民党全体の候補者の選挙率は38%に達しました。 しかし、世襲候補の52%が選出されたが、これ彼らの世代を続けてきた地盤の強さを反映します。

日経の定義によると、10月4日に首相になった岸田文雄(Kishida Fumio)は世襲議員である。 彼の父の入江武雄(Fumitake)は繰り返し下院に選出された。 岸田後輩は、1993年に35歳の年齢で父親の選挙区で初めて衆院に立候補しました。 対照的に、岸田の前任者である菅義弘には、自分の選挙区を立てた非世襲議員です。 地盤 横浜市議員などの政治経験。

に関しては、 kanban、議員は、長い間、公職に残っ主要政府と政党の役職を務めることの評判を高めることができます。 一つの重要な問題は、国会議員が再選の可能性を高めるために必要な選挙の勝利数です。 1次得票率は14%であったのに対し、2勝60%以上、5勝以上得票率は80%を上回った。

多くの世襲候補が kanbanは、最初の候補者も。 最初の遺伝候補者の勝率は60%であるのに対し、遺伝ではなく、初心者の勝率は約10%に過ぎなかった。

非世襲議員であっても、繰り返し国会に復帰することにより、名前の認知度を高め、権力基盤を強固にすることができる。 6回選出された非世襲候補の勝率は80%を超え世襲議員との格差をほぼなくした。 つまり、非世襲議員が世襲議員と同じ選挙機会を得るために、複数回再選に成功します。

コート、または資金も国会議員の議席を得るために重要です。 選挙費用の法的上限は財政力だけで選挙結果を決定することを防止するためのものだが、資金調達能力に応じて候補者の選挙費用に差が残る。

内務省のデータに基づいて候補者は、選挙区の有権者1人当たりの支出に基づいて10円($ 0.08)単位で6つのグループに分けられます。 有権者一人当たり9円以下を支出した人は4%の確率で勝利しました。 10-19円を支出する人々の選挙率は35%に増加しました。 20-29円を使用している場合、57%; 選挙運動に有権者一人当たり30-39円を支出した人の場合、62%です。

キャンペーンオフィスを開いてチラシを印刷するには、コストがかかります。 コストは、部分的に納税者が負担するが、国防部のデータ分析によると、大規模な戦争ボックスを持つ候補者が有利な位置にあることを知ることができます。 強力な財政支援がなければ、候補者が簡単に勝つことができません。

世襲政治は、米国やインドなど他の民主主義国家でも見られる現象で、ぜひ悪いだけではないという主張もある。 しかし、日本では、データによると、世襲継承の世代が繰り返され、国家の選挙の強力な部分がしました。

幼い時から選挙に飛び込んで政策と国会手続きに精通し、政治家があれば、利点があるが、各界各層の人々が公的領域に進入することができるダイナミックな政治環境がなければ、政治が変わらないでしょう。 。

READ  長い営業時間にもかかわらず、日本のデパートは落ち幅

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close