技術

富士フイルムディオ・シンセ、20億ドル規模の細胞培養スーパープラントのための新しい家にノースカロライナ州を選択 – Endpoints News

富士フイルムは、今年初めCDMO部門に20億ドル規模の新工場であるFujifulm Diosynth Technologiesを発表し、大きな波を引き起こした。 決定しなければならない唯一のことは、設備が正確にどこに行くのかであり、ここで、その謎が解決されました。

日本の技術と生命科学の巨大企業であるCDMOの子会社であるFujifilm Diosynth Biotechnologiesはノースカロライナ州ホーリースプリングスを20億ドル規模の細胞培養スーパープラント敷地に選択して、2028年までの地域に725の雇用を追加したと木曜日の会社は明らかにした。

富士フイルムは、自社工場を発表した後、家を探していました。 意志 1月に再構築することができます。 同社は、テキサス州のカレッジステーションとノースカロライナ州のモーリスビルにある既存の米国のサイトで叫ぶの距離にある位置を注視している。

最終的にノースカロライナ州は、「適切な能力、クリーンエネルギー資源と将来の成長のための持続可能性を備えた強力な技術人材、地域資源とのパートナープール」により宝くじに当選しました。

将来Holly Springsサイトのレンダリング – Fujifilmを通じて

フルサイズバージョンを表示するには画像をクリックしてください。

この工場は、2025年春に稼動する予定であり、「市場の需要に応じて、「同じサイズの追加24個のバイオリアクターを拡張して、追加する可能性を持つ8つの20,000リットルのバイオリアクターを収容すると、会社は言う。 このサイトでは、商業規模の自動充電締め切りと組立、包装、ラベルのサービスも含まれます。

このサイトは、韓国の巨大サムスンが仁川で計画している20億ドル規模の大規模工場と競合します。 生物製剤に焦点を当てたこの施設は、約250万平方フィートを占めるだろうとサムスンは9月に語った。 サムスンの全体の製造能力に256KLを追加して、合計620KLになります。

Holly Springs工場はJ&Jのワンショットワクチンを提供するウイルスベクターを作成することを含むCovid-19ワクチンの契約製造作業を強化するため、Fujifilmの地方拡大計画の一部であるだけです。

1月には、この会社は、ボストン地域に新しい本社を設立するために4000万ドルを減らすと発表しました。この本社は第三のウイルスベクターの製造現場でも機能します。

ボストンの施設は2021年秋までコンディショニング細胞培養のためのプロセス開発の分析と実験を開始する予定です。 初期段階の臨床試験で、原料薬の製造能力は遅く来る2023年の秋に会社がプレスリリースで明らかにした。 の時間。

富士フイルムはまた、最近、テキサス州でウイルスベクター工場を拡張しました。この施設は、2014年にオープンした後、製造能力をさらに増やすために、1億2000万ドル規模の増築を経ています。 同社は10月に英国での遺伝子治療のサイトのための計画も発表しており、今年の春まで運営されると述べた。

READ  [빠즈도라]KOFで最も注目されているキャラクターが判明! 今週人気のモンスターランキング! | AppBank

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close