富士通、日本でハードウェア事業専門会社を設立:富士通グローバル

Estimated read time 1 min read

企業と社会変革を支援する高付加価値総合ソリューションを提供

富士通株式会社

東京、2023年12月26日

今年初め、富士通は、新中期経営計画に基づき、2030年のビジョンを発表し、「社会、顧客、株主、従業員を含む利害関係者のために肯定的な結果を実現するとともに、デジタルサービスを提供する技術企業に変貌しようとする野望を強調産業全体の持続可能性に貢献します。」

2025年までの3年は、このビジョンを実現するための重要な時期です。 この間、富士通は持続可能な成長と収益性の向上を目指し、ビジネスモデルとポートフォリオの包括的な変化に着手します。 これにより、富士通はサービス指向戦略に移行し、顧客の近代化を支援し、国際ビジネスの収益性を向上させます。

この戦略に基づいて、主にサーバーとストレージソリューションに焦点を当てたハードウェア事業の管理をさらに強化するために、富士通は今日、この分野に関連する重要な機能を「Fsas Technologies Inc.」に統合することを決定したと発表しました。 日本市場では、2024年4月1日、富士通株式会社で新たな事業を開始します。 富士通の決定は、開発、製造、販売に至るまで、この事業のあらゆる段階でリソースの包括的な管理と配分のためのフレームワークを構築する必要性を反映しています。 1) 日本における関連ハードウェアとサービスのメンテナンス

組織改編後、富士通は、先進技術を基盤とした幅広い製品とお客様のニーズに迅速に適応できるFsas Technologiesの高付加価値ハードウェアソリューションを組み合わせ、社会・企業変革を支援するグループとして包括的なソリューションを提供します。 。

新しい事業構造の概要

1. 以下の事業分野をFsas Technologiesに統合

(1) サーバーおよびストレージハードウェアの開発、製造、販売および保守

「PRIMERGY」PCサーバー、ミッションクリティカルIAサーバー「PRIMEQUEST」、および「ETERNUS」ストレージシステムソリューションを含む、サーバーストレージの開発、製造、販売、およびメンテナンスのすべての機能がFsas Technologiesに統合されています。 これに合わせて関連人材も合流し、高付加価値ハードウェアを保有した顧客の連続性を俊敏に確保する予定だ。

*メインフレームおよびUNIXサーバー事業は、以前に富士通株式会社が発表したとおり継続されます。

(2) 特定ネットワークハードウェア及び関連サービスの開発、製造、販売及び保守

富士通は、選択されたネットワークおよび通信ハードウェア(主にIPCOMネットワークサーバー)の開発、製造、販売、メンテナンス機能、および提携パートナーが作成したネットワーク製品の販売およびメンテナンス機能をFsas Technologiesに統合します。 関連従業員が会社に参加し、継続性を確保し、顧客に優れたネットワークハードウェアとメンテナンスサービスを提供します。

*通信事業者のためのネットワーク製品/サービス事業の管理は富士通株式会社で継続されます。

(3)顧客のための企業向けPC直接販売 2)

企業向けPCの直接販売機能をFsas Technologiesに統合する予定です。 同時に関連職員も会社に合流し、顧客にPCを販売することになる。

2. 新しい組織のためのビジネスフレームワーク

Fsas Technologiesは、高品質で信頼性の高いサーバー、ストレージ、および厳選されたネットワークハードウェアのメンテナンスを継続的に開発、製造、販売、提供し、日本企業の顧客にPCを販売します。

顧客のための製品提供フレームワークは、Fsas Technologiesが顧客にハードウェアソリューションの直接販売および保守を提供し、富士通は関連製品のシステム統合(SI)、管理サービス、およびインフラサービスを提供します。

日本のお客様のための製品配送計画

日本のお客様のための製品配送計画

Fsas Technologies Inc. 概要

  • 設立日:2024年4月1日
  • 代表者:代表取締役社長の安田真雄
  • 従業員数:約7,500人
  • 事業概要(2024年4月1日現在):

    サーバーおよびストレージハードウェアの開発、販売、保守

    ネットワークハードウェアとサービスの販売と保守

    企業向けPC販売


富士通について

富士通の目的は、イノベーションを通じて社会への信頼を築き、世界をより持続可能にすることです。 100カ国以上のお客様が選択したデジタルイノベーションパートナーとして、当社の124,000人の従業員は、人類が直面している最大の課題を解決するよう努めています。 当社のさまざまなサービスとソリューションは、コンピューティング、ネットワーク、AI、データとセキュリティ、融合技術という5つの重要な技術に基づいています。 Fujitsu Limited(TSE:6702)は、2023年3月31日に終了した会計年度に3兆7千億円(米ドル280億ドル)の統合売上を記録し、市場シェアベースで日本最高のデジタルサービス会社として残っています。 詳しくはwww.fujitsu.comをご覧ください。

プレスコンタクト

富士通株式会社
広報・投資家関係部門

お問い合わせ


ここに記載されているすべての会社または製品名は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。 このプレスリリースに記載されている情報は発行時に正確であり、予告なく変更されることがあります。


日付: 2023年12月26日

都市: 東京、日本

会社: 富士通株式会社

READ  大規模なGmail再設計が個人アカウントに配布され始めます。
Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours