富士通が日本の気象庁に線形降雨と大雨を予測するためのスーパーコンピュータシステムを提供:富士通韓国

Estimated read time 1 min read

富士通限定

2023年2月27日東京

富士通は、今日、日本の気象庁(以下JMA)に新しいスーパーコンピュータシステムを提供したと発表しました。 1) 線形レインバンド予測に使用します。 新しいスーパーコンピュータシステムは、リニアレインバンドの発生を予測できます。 2) 大雨を引き起こし、地すべりや洪水などの災害につながる可能性があります。 JMAは2023年3月1日から新しいシステムの運営を開始します。

このシステムは「FUJITSUスーパーコンピュータPRIMEHPC FX1000」に基づいています。 サム) RIKENが共同開発したスーパーコンピュータ「Fugaku」と同じA64FX CPUを搭載したハードウェア 4) そして富士通。 約31.1 PFLOPSの理論的最高性能に到達 5)新しいシステムは、JMAが線形降雨帯予測の精度を大幅に向上させるのに役立ちます。

新しいシステムにより、富士通はJMAがより正確で迅速な予測を提供することを支援し、当局が大雨に対するコントラストを改善し、災害発生時に早期警報を提供できるようにします。 このように、富士通は災害予防と緩和を通じて、より安全で安全で弾力的な社会の実現に貢献するという約束を示しています。

予報、自然災害の精度を高める新システム

突然の大雨による地すべりや洪水を含む天候関連の災害は、世界中の多くの地域でますます深刻なリスクを示しています。 亜熱帯気候を持つ日本は、特にこのようなリスクに対して脆弱であり、人命や物質的資産に深刻な脅威を与える大雨によく直面しています。

大雨はしばしば線形レーンバンドによって引き起こされ、積乱雲がゆっくりと移動したり、同じ地域で数時間滞在したときに発生する可能性がある気象現象です。

このために、線形降雨帯の発生の早期予測は、非関連災害の予防と緩和に不可欠な役割を果たします。

この問題に対処するために、JMAは高性能で信頼性の高い「FUJITSU Supercomputer PRIMEHPC FX1000」に基づく新しいスーパーコンピュータシステムを導入し、線形降雨予報の精度を向上させました。 気象庁はスーパーコンピュータ「ふくく」を利用し、2022年6月から線形降雨台予報技術を開発してきており、その結果を新しいシステム開発に活用する計画だ。

図1:2020年7月日本で大雨を起こした線形レインバンド(JMA提供)図1:2020年7月日本で大雨を起こした線形レインバンド(JMA提供)

新システムの主な機能と構成

新しいスーパーコンピュータシステムは、24個のラック(メインおよびサブシステム用にそれぞれ12個のラック)で構成され、理論的には約31.1PFLOPSの最高性能に達します。 富士通は、このシステムがグローバル「TOP 500」ランキングで世界トップ50のスーパーコンピュータの1つになると予想しています。 6)。 ストレージシステムは、総容量42.3ペタバイトの高速ストレージで構成されています。 7)

新システムは、24時間安定した運営管理を通じてビジネス継続性を支援するため、地震、洪水など各種災害に備えた安全装置を備えた富士通データセンターに設置される。

図2:線形レインバンド予測のためのスーパーコンピュータ

図2:線形レインバンド予測のためのスーパーコンピュータ図2:線形レインバンド予測のためのスーパーコンピュータ 8)

今後の計画

今後、富士通は、JMAの大規模な中央「AMeDAS」システム(「Automated Meteorological Data Acquisition System」)などの観測技術や予報技術の開発を促進するなど、JMAの活動を引き続き支援します。 9)。 富士通は世界最高水準のスーパーコンピューティング技術を活用し、雨や水関連災害の予防と緩和を含む社会問題の解決に貢献し続けます。


  • [1]

  • [2]

  • [3]

  • [4]

  • [5]

  • [6]

  • [7]

  • [8]

  • [9]

関連リンク

持続可能な開発目標(SDG)への富士通の約束

2015年国連が採用した持続可能な開発目標(SDG)は、2030年までに世界中で達成すべき一連の共同目標を表します。

富士通の目的である「革新を通じて社会に対する信頼を構築し、より持続可能な世界をつくる」ということは、SDGsで強化されたより良い未来のビジョンに貢献するという約束です。

このプロジェクトに最も関連する目標

富士通について

富士通の目標は、革新を通じて社会への信頼を築き、世界をより持続可能にすることです。 100カ国以上で顧客が選択したデジタルイノベーションパートナーとして、124,000人の従業員が人類が直面する最大の問題を解決するよう努めています。 当社の幅広いサービスとソリューションは、コンピューティング、ネットワーク、AI、データとセキュリティ、融合技術の5つの重要な技術に基づいています。 富士通リミテッド(TSE:6702)は、2022年3月31日に終了した会計年度に3兆6千億円(米ドル320億ドル)の連結売上を報告し、市場シェアベースで日本最高のデジタルサービス会社として残っています。 詳細:www.fujitsu.com。

プレスコンタクト

富士通限定
広報・投資家関係部門

お問い合わせ


ここに記載されているすべての会社または製品名は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。 このプレスリリースに記載されている情報は発行時に正確であり、予告なく変更されることがあります。


日付: 2023年2月27日

都市: 東京、日本

会社: 富士通限定

READ  AlphabetとMicrosoftの実績が失望した後の米国の技術株価の変動
Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours