富士通とオラクルが協力し、日本で主権クラウドとAI機能を提供、ビジネスニュース

Estimated read time 1 min read

東京、2024年4月18日 – (JCN Newswire) – Fujitsu LimitedとOracleは、日本企業と公共部門のデジタル主権要件を解決するのに役立つ主権クラウドとAI機能を提供するために協力しています。 とともに Oracle合金富士通はハイブリッドIT製品を次に拡張する予定です。 富士通ユバンス、顧客のビジネス成長と社会問題解決をサポートします。 富士通は、運用をさらに制御することで、日本のデータセンターでOracle Alloyを独立して運営することができます。

富士通 100を超えるクラウドインフラストラクチャプラットフォームであるOracle Alloyをデプロイする予定です。 Oracleクラウド・インフラ (OCI) Fujitsu Uvanceの一部である生成AIを含むサービス ハイブリッドIT オンプレミスおよびクラウドベースのインフラストラクチャで顧客をサポートするポートフォリオです。 これにより、企業と公共部門は、日本の富士通が運営するデータセンターで直接ソバリンクラウドインフラとソバリンAIを活用できるようになります。 Oracleは、AIと100以上のクラウドサービススイートをローカルでどこにでも提供できる唯一のハイパースケーラです。 富士通は、日本市場での活用事例を通じて蓄積された知識に基づいて、Oracle Alloyを他の市場に拡大することを積極的に検討します。

香津古賀、SEVP、富士通株式会社「富士通は、富士通宇宙ハイブリッドIT製品の一環として、お客様の課題を解決するために、それぞれの分野に強みを持ったパートナーと協力してきました。 オラクルとのコラボレーションにより、富士通の運営ガバナンスを確保しつつ、ハイパースケール機能とデジタル主権機能をサポートする主権クラウド製品を提供できるようになりました。

Scott Twaddle、Oracle Cloud Infrastructure製品および産業担当上級副社長「私たちは、Oracle Alloyを使用して、富士通の顧客がビジネスと社会を変革し、近代化するための最高のクラウド技術を提供します。 日本では、富士通の主権クラウドアプローチは、将来志向の技術戦略の証拠です。 私たちは富士通と協力し続け、世界中のより多くの顧客にクラウドサービスを提供できることを期待しています。」

三沢敏光(Toshimitsu Misawa) オラクルジャパン取締役会取締役兼最高経営責任者(CEO)兼社長「富士通との戦略的協力は、日本企業と公共部門のデジタル主権要件を解決するクラウドを提供する上で重要な進歩です。 富士通とオラクルは、顧客がミッションクリティカルな運用の弾力性を向上させるために、主権AIを含む最先端のクラウド技術の使用を引き続き奨励します。

協力は次のとおりです。

1. Oracle Databaseユーザーがクラウドを活用できるようにサポート:大規模で機密性の高いミッションクリティカルなデータベースシステムを持つお客様は、オンプレミス環境と同じレベルの運用性を確保しながらクラウドに移動できます。

2. 安全なデータ管理とクラウド活用のサポート: 富士通は日本のデータセンターにOracle Alloyを構築・運営する予定です。 これは、企業と公共部門に主権クラウド環境を提供し、デジタル主権と運用の透明性を確保するのに役立ちます。

3. オンプレミスおよびハイパースケーラ環境全体で運用およびセキュリティポリシーを一元化します。
:富士通は、Oracle Alloyを含むクラウドサービスプロバイダのクラウド環境全体にわたって、運用コンサルティングサービスと富士通クラウド管理サービスを提供しています。 富士通クラウドマネージドサービスは、お客様のビジネスニーズに合わせた包括的なサポートを提供し、オンプレミスおよびハイパースケーラクラウド環境全体で運用およびセキュリティポリシーを一元化できます。

4. 優れた顧客体験を提供
:富士通は、各顧客のニーズに応じてアップデートを制御し、クラウド環境にパッチを適用できるようになります。 このレベルの制御により、富士通は自動更新によるシステムの中断を防ぐことができます。

富士通について

富士通の目的は、イノベーションを通じて社会への信頼を築き、世界をより持続可能にすることです。 100カ国以上のお客様が選択したデジタルイノベーションパートナーとして、当社の124,000人の従業員は、人類が直面している最大の課題を解決するよう努めています。 当社のさまざまなサービスとソリューションは、コンピューティング、ネットワーク、AI、データとセキュリティ、融合技術という5つの重要な技術に基づいています。 Fujitsu Limited(TSE:6702)は、2023年3月31日に終了した会計年度に3兆7千億円(米ドル280億ドル)の統合売上を記録し、市場シェアベースで日本最高のデジタルサービス会社として残っています。 もっと探してください: www.fujitsu.com

Oracleについて

Oracleは、Oracle Cloudに統合アプリケーション・スイートと安全な自律インフラストラクチャを提供します。 Oracle(NYSE:ORCL)の詳細については、以下を参照してください。 www.oracle.com

商標
Oracle、Java、MySQL、およびNetSuiteは、Oracle Corporationの登録商標です。 NetSuiteは、クラウドコンピューティングの新しい時代を開く最初のクラウド会社でした。

プレスコンタクト
富士通株式会社
広報・投資家関係部門
お問い合わせ

著作権2024 JCNニュースワイヤー。 すべての権利を保有。 www.jcnnewswire.com

READ  連邦アクセスへのすべての視線、円より下落
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours