富士通ヨーロッパ共同CEO、イギリス郵便局スキャンダルについて証言

1 min read

富士通欧州共同CEOのPaul Pattersonは、英国の数多くの郵便局管理者が現金盗難の疑いで不当に起訴された注目を集める事件について、火曜日の下院委員会会議で証言する予定です。

偽の非難は、日本の巨大技術企業によって提供された間違った会計システムに由来しています。 パターソンはまた、日本の親会社で企業役員としても活動しています。

ビジネスおよび貿易委員会の会議の他の証人として、イギリス郵便サービスのCEOであるNick Read。 Kevin Hollinrake、イギリス企業、市場および中小企業大臣。 そして元郵便局の管理者が虚偽の起訴を受けたと英国下院委員会が木曜日明らかにした。

委員会は「英国史上最悪の司法誤審に分類されるスキャンダルの被害者に完全かつ公正かつ迅速な補償を提供するために何を加えることができるかについて質問を受けるだろう」と明らかにした。

1999年から2015年までに発生した事件の場合、富士通のホライゾン会計システムを活用した郵便局で財務的不一致が発見され、郵便局長など約700人が詐欺・横領容疑で無告罪で起訴された。

その後、そのギャップがHorizo​​nシステムの欠陥によって引き起こされたことが判明しましたが、被告人の一部だけが有罪判決を取り消しました。

これらのスキャンダルは今月初めにこの事件を扱ったテレビドラマが放送されて以来注目を集めた。

READ  日本経済| 国| hjnews.com
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours