スポーツ

富山が秋田を抜いて2連覇を記録しながらラモスが22分爆発

ドワイト・ラモスは4クォーターに富山グラウスが13点のハーフタイム赤字を克服し、16点を落とした。

マニラ、フィリピン – 1月8日土曜日、富山市ジムナシウムで開催されたJapan B. Leagueで、Toyama Grousesが訪れるAkita Northern Happinetsを99-91に制圧し、ドワイトラモスが最も重要な瞬間を伝えました。

前半3クォーターだけで6得点にとどまったラモスは4ピリオドに生き残り、16個の巨大なマーカーを破り、非常に効率的な8/11シューティングで22得点で試合を終えた。 リバウンド1アシスト5スチール富山は2連覇を記録し、順位を10-17に引き上げた。

前半に13点(34-47)に遅れた後、グラウスは3ピリオドにスイッチを裏返し、最終フレームに向かう70-69リードのためにHappinets(36-22)を圧倒しました。

まだ1桁(77-71)に先んじており、試合時間7分を残して、Ramosは個人9-2で富山のリードを13(86-73)に拡張し、秋田が克服するには大きすぎると判明しました。 エンドゲーム。

Brice Johnsonもグラウスのために22ポイントで勝利し、Julian MavungaとNaoki Utoはそれぞれ16ポイントと14ポイントを追加しました。

Jordan GlynnとNoboru Hasegawaは敗北でHappinetsのためにそれぞれ19ポイントを落とし、Takatoshi Furukawaは15のマーカーを提供しました。

今週末のディビジョン1で活躍する唯一のフィリピン選手であるRamosは、1月9日日曜日の午後12:05にGrousesがHappinetsと再びクラッシュしたときに彼の優れたプレイを続けます。

ディビジョン2では、Kemark CariñoとAomori Wat’sは、クマモト県立体育館でクマモトボルターズに対して106-67に敗れました.

Cariñoは11連敗を記録し、2勝27敗の記録で最下位を維持したAomoriのために6分で3点、2リバウンド、2スチールで仕上げ、敗北原因でもう一度限られたプレイ時間を見ました。

また、リーグパート2リーグでは、Juan Gomez de Liaño-less Earthfriends Tokyo ZがMotoyama Works Aoba Arenaで開かれたSendai 89ersに92-70に落ちました。

Gomez de Liañoは、彼のチームが5勝24敗の記録で順位を下げたことから、未知の理由で東京で11試合連続で結長しました。 – ラッパードットコム

READ  次のシーズン、サンプレッツェ広島を率いる元ギリシャ監督ミハエル・スキベ(Michael Skibbe)

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close