理科

専門家、ワクチン誤った情報の批判| NHK WORLD-JAPANニュース

日本の国立感染症研究所(National Institute of Infectious Diseases)はコロナウイルス対策のレポートの一部が不適切に引用されてインターネットで公開されたことを強く批判しました。

研究所の研究者は、先月、日本で67人が完全な予防接種を受けたにもかかわらず、6月までの3ヶ月間コロナウイルスに感染したことを確認したと報告しました。

COVID-19ワクチン接種後14日後に発生する感染症を突発性事例とします。

他の国でもこのような事例が報告されているが、研究者たちは、ワクチンの効果が非常に優れており、接種後に感染予防措置をとることが依然として重要であると付け加えました。

しかし、一部の人々は、レポートの一部を使用して、ソーシャルメディアや他の場所での研究所がワクチンが効果がないと認めたという虚偽の主張をしている。

声明の中で研究所は、レポートの一部が一部の人に便利な方法で使用されているという深い懸念を表明しました。 声明は、それが研究所が誤ったメッセージを送っているという印象を与えるだけでなく、健全な科学ベースの議論を歪曲と言いました。

研究所長脇田だ梶(Wakita Takaji)はワクチンが、症状が発症したり、深刻な病気を誘発することを防止するために効果的なことが明らかでありワクチン接種が進むにつれて、画期的な事例が表示されることが予想と言いました。 彼は予防接種で、多くの人が感染から保護されることを理解しなければならないと付け加えた。

READ  ブラックホールの衝突・合体確認浮かぶ新しい謎| ナショナルジオ| NIKKEI STYLE

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close