理科

専門家は、運動量ではなく、どのくらいの頻度で運動をするかが重要だと言います。 世界ニュース

1回の長いセッションよりも運動の頻度が健康に有益であるという新しい研究結果が出ました。

専門家は、毎日少しの活動が少ないセッション中に多くの運動をするよりも良いかどうかを調べようと努力してきました。

スポーツ科学教授は「週に一度、ジムに行けば家で毎日少しずつ運動するほど効果がない」という研究結果が出たと話した。

4週間の訓練研究でも「一日に1~6回ダンベルをゆっくり下げること」が、ジムで長期間運動するよりも有益であることがわかりました。

新潟大学および日本西九州大学と共同でオーストラリアのエディス・コワン大学(ECU)で実施した研究では、腕抵抗運動をする参加者の3つのグループを見ました。

ボランティアは毎週機械で二頭筋筋収縮を30回行いました。 あるグループは5日間毎日6回の収縮を行い、他のグループは1日に30回の収縮を行いました。 他のグループは週に6回の収縮のみを行いました。

筋力と厚さの変化は、すべての参加者にわたって比較されました。

5日間にわたって活動を展開したグループは、筋力が最も大きく増加し、10%以上増加しました。

ECU運動とスポーツ科学教授のKen Nosakaは、「人々はジムで長時間の抵抗運動をしなければならないと思いますが、そうではありません。

「重いダンベルを1日に1、2回ゆっくり下げれば十分です。

スカイニュースでもっと読む:
4日間雷雨、予報者に警告

「筋肉の力は私たちの健康にとって重要です。これは、老化に伴う筋肉量と力の減少を防ぐのに役立ちます。

「筋肉量の減少は、心血管疾患、2型糖尿病、いくつかの癌、認知症などの慢性疾患、骨粗しょう症などの筋骨格系の問題の原因です。

「筋肉の適応は、私たちが休んでいるときに起こります。誰かが何とか24時間訓練できれば、実際にはまったく改善されません。」

READ  Western Unionと日本のRitsumeikan University、授業料納付簡素化

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close