スポーツ

尋常でない和田のしぶとすると痛みロッテ/上原浩治 – 評論家コラム – 野球コラム:日刊スポーツ

パ・リーグの首位攻防3戦は首位ソフトバンクが2位ロッテにゼロ密封勝利し、ゲーム差を2広げた。

日刊スポーツ評論家上原浩治氏(45)は、この試合のポイントにソフトバンク和田毅投手(39)の尋常でない」しぶと “を挙げた。 ロッテ美馬学投手(34)に投げ、お互いを制した粘りが表示され、シーンは果たしてどこだったのか – 。

◇◇◇

久しぶりに和田の投球をじっくり見ることもらった」さすが」と思わせる内容だった。 この試合の主審はストライクゾーンが狭く投手は過酷な展開されたが、5回を無失点。 特有の粘りは健在だった。

「なるほど」と思う忍耐は、初回から発揮していた。 1社で2回中村賞にエッチなボールを見判定されて四球。 この時点で、「今日主審はストライクゾーンが狭い」と感じた。 2死後も4回安田について10ハイウェー粘らされて四球。 ストライクゾーンが狭く有利投手はない。 説明するまでもないだろうが、特に和田よう隅を突いて打つかかるタイプの投手に不利になる。

嫌な感じが漂う中、継続井上も3ボール。 特に2球目の外側の低直球は本人も顔をしかめたように、最高のボールだった。 ギリギリストライクだと思ってボールボール判定されると、投手はさらに内側を攻撃しようとする心理が働く。 直後のボールは甘くがちですが、和田の投球は違った。 3ボールになったが、そこから三振に打ち取り無失点で渡した。

1回表井上の和田の配球
ソフトバンクのロッテ1回表ロッテ2死1,2塁、井上は空振り三振に倒れる。 投手はソフトバンク和田(撮影梅根まき)
ソフトバンクのロッテ1回表ロッテ2死1,2塁、井上は空振り三振に倒れる。 投手はソフトバンク和田(撮影梅根まき)

3回にも先頭打者西巻を2ストライクに追い込んだ後、4球目、外側の高い直球が見判定。 ここでも不満な表情を浮かべたが、次のボール甘いコースは投げなかった。 結果9ボールを投げ四球。 2社でも四球を出したが、3回マーティンを打ち取っ得点を許さなかった。

3回表西巻の和田の配球
3回表西巻の和田の配球

一方、米魔道和田より球威があるが、制球力を駆使して打つかかるタイプ。 7イニング3失点は良い結果で着実に投げていた。 それでもボールの判定に不服な表情をした場面が2回ほど見られた。 1回2死1,2塁で球形時アルの初球と3回2死2塁で柳の2球目で次のボールはすべてストライクゾーンに投げている。 グラ時アルは遊飛に打ち取ったが、柳は右前安打。 美馬投球は決して非難することはできない。 むしろ和田の「しぶと “は、普通ではないことがわかるだろう。

1回裏グラ時アルの美馬配球
1回裏グラ時アルの美馬配球
3回裏柳の美馬配球
3回裏柳の美馬配球
ソフトバンクのロッテ3回裏ソフトバンク2死2塁、柳は2球目内角を済ませる。投手はロッテ美馬(撮影梅根まき
ソフトバンクのロッテ3回裏ソフトバンク2死2塁、柳は2球目内角を済ませる。投手はロッテ美馬(撮影梅根まき

試合はソフトバンクが勝つ。 和田、美馬二投手がよく投げた野球は点を取らないと勝てない。 ロッテ打者は選球眼がいいですが、やはりヒットを打たなければスコアは難しい。 3回無死塁でバッター藤原場面。 初球スライダーがボールされて遠藤とを開始するが、低いフォークまたはスライダーを藤原は空振り。一走の西巻は塁でアウトになった。 空振りした藤原は何とか合わせ与えようとスイングはなかった。 まだ経験が浅く、仕方ないかもしれないが、主力が抜けた穴の大きさを実感させた。

私自身も9月下旬にコロナに感染したが、よくありながら試合に出てくることができない選手の心は痛いほどわかる。 感染のリスクを考慮すると、分離は仕方ないが、メジャーのように試合自体を中断しても良かったと思います。 このようにすると、層が厚いチームが絶対的に有利。 中断された試合は、ダブルヘッダーで補完すればいいと思う。 コロナの傷の大きさを感じて物足りなされた。 (日刊スポーツ評論家)

READ  プレミアシップのクラブは、日本のウォームアップテストのために選手を解放することに同意します。

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close