経済

小さなのに大画面。 iPhone 12 miniは、日本の需要に対応する5Gスマートフォン(シノ純也) – Engadget日本版

▲手によくフィットiPhone 12 mini

11月13日に「iPhone 12 mini」と「iPhone 12 Pro Max」が発売を迎えます。 今年は真ん中の2機種に対応する「iPhone 12」と「iPhone 12 Pro」が先に発売された「大」と「小」の2種類が3週間遅延する異例の販売スケジュール。 特にiPhone 12 miniは、最初のコンパクトモデルらしく注目していた人は多いかもしれません。 そんなiPhone 12 miniを発売に先駆けてテストすることができました。

あまりにも当然書くことが少し躊躇されてしまいますが、やはり手に取ったときの第一印象は「とてもっ!」でした。 「小さな」ではないところのニュアンスを推測していただければ幸いです。 その程度持ったときの衝撃は大きかったということです。 軽さも一緒に持ってたときの便利さが印象に残っています。

筆者は、比較的手が大きい方だiPhone 12と12 Proでも十分握ることができますが、iPhoneの12 miniの場合握ったまま、斜め左を親指でタッチするまま申告センターを引き出しています。 また、段階大きなiPhone 12と12 Proであり、こちらは無理。 少し持ち方を変えると、ノッチ部分に親指が到着通知センターを表示することは可能ですが、iPhone 12 miniは、その必要がありません。 筆者には安定した状態で、片手にまま画面の上部に接することができるサイズ感と言うことができます。

▲画面の上部に指が届きやすく、通知センターにも便利出す

収納のしやすさもiPhone 12 miniなら。 たとえば、シャツのポケットにもすっきり入り、上部が露出することができません。 iPhone 12 Pro Maxはもちろん、iPhone、12、iPhone 12 Proもポコッと頭が顔を出してしまいます。 軽いので薄手のシャツのポケットにも引っ張られる感じが無く、持ち運びやすい端末言えるでしょう。

▲シャツのポケットにもすっきり入り

このように小さい場合は本当にiPhone 12の性能が同じであることを少し不安になっているが、本機のチップセットは、「A14 Bionic」でメイン広角カメラはF値1.6明るくなっています。 「スマートHDR3」もしっかり効果のためにコントラストの大きい場所でもきれいな写真を撮影することができます。 色味もiPhone 12シリーズと同じ傾向で、比較的コッテリ目に出てきます。

▲カメラの性能はiPhone 12と同じである。 色は比較的華やかに出てくる感じがある。夜景もナイトモードでキレイに撮れる

改めて強調する必要はないかもしれないが、動画撮影もDolby Visionによると、HDRをサポートします。 HDR動画を再生したときに画面が明るさがグイッとかかる機能にも対応しているので、コンパクトながら美しい映像を楽しむことができます。 本体が小さいので片手でつかんで気軽に撮影することができiPhone 12 miniなら。 片手で持ち、固定も手が疲れますのでブルブル震え揺れてしまうことも少なくなるでしょう。

▲Dolby VisionでHDR動画撮影も可能である

これらのカメラの性能を担保することがA14 Bionicであるが、これについても、他のiPhone 12シリーズと同じです。 ベンチマークスコアを見てもそうですし、他の機種との違いは、測定時の誤差の範囲に入っています。 小さいのでミドルレンジモデルであると考えがちですが、いわゆるハイエンドコンパクトに仕上がっていると言うことができます。

▲Geekbench 5のスコア。 iPhone 12とほぼ同じレベル

逆に大きいため、文字が小さくなります。 老化を重ね、徐々に視力が衰えている筆者の場合は、標準と文字が小さすぎる感じがあります。 特に、アプリケーションアイコンの下の文字程度になってしまうと大変ですよね…したがって、視力に自信のない方は、拡大の設定に使用することをお勧めします。 文字の罰金視認性を低下させる要因の一つであるため、「画面の明るさ」から「文字を太字」を選択しておいてもいいかもしれません。

▲拡大表示や文字を太字にすることが容易に確認することができ

しかし、拡大とした画面ごとに情報量は当然減っそれほどスクロールをさせることは多くなります。 スクロール操作自体は快適にすることができるサイズ感ですが、一覧性が低下する欠点。 どちらを取るかは人によって違うと思いますが、この点を勘案すれば、視力が高い、若いユーザーに推薦することができる端末言うことができます。 もちろんサイズのため、交換はあるのは我慢場合iPhone 12と12 Proという選択肢を検討してもいいでしょう。

▲拡大表示すると、1画面あたりの情報量が減ってしまうのが難点。以下は標準の場合

画面サイズが小さいことは、利点につながる。 文字入力時、片手でスムーズに操作することができるようになるからです。 普段使用しているiPhone 12 Proはキーボードを右に配置していますが、iPhone 12 miniは、その必要がありません。

▲キーボードも幅提起不要入力することができる

日本で小型端末が根強い人気なのは、文字入力に関係があると思います。 両手に持ってガシガシとQWERTYキー入力BlackBerryでタッチスクリーンのスマートフォンに切り替えた西洋とは異なり、日本では片手のフィーチャーフォンでの10キー入力が主流でした。 iPhoneもそれを踏襲しつつ、タッチに最適化されたジェスチャー入力を発明したものです。

同じiPhoneでも、そこに至る道を、海外とは違っていたと言うことができます。 その結果、ハイエンドの端末=大画面の図式が成立してきた海外とは他のハイエンド端末でも片手で動作片手入力のしやすさを重視してきました。 iPhone 12 miniサイズ感はそんな日本市場のニーズにもしっかり応えすることができます。


関連記事:

iPhone 12 Pro Maxは思ったよりも大きく、iPhone 12 miniは小さかっ(前モデル、実際の大きさの比較)

iPhone 12 Pro Maxをいじって気づい選択する理由は? 価値のあるハイエンドなのかを検討してみると(西田宗チカ)

撮影比べ明らかになったiPhone 12 Pro Maxのカメラが住んでいる場面。 他の人との差は大きくても、小さく地図いる(ホンダ正和)

思ったより小さい! 軽い! iPhone 12 miniを動画でチェック

iPhone 12 Pro Max動画レビューiPhone史上最大の画面は、手にすると圧倒的

READ  ★今日の[서프라이즈 결산]速報(10月22日) - 週乗車

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close