理科

小惑星のほこりで発見された水は、地球の生命の起源に関する手がかりを提供することができます。 宇宙

日本の宇宙探査船が地球から約1億8,600万マイル(300m)離れた小惑星から回収したほこり一滴から、驚くべき成分である水滴が明らかになりました。

この発見は、地球上の生命体が宇宙空間で種を散布した可能性があるという理論に対する新しい支持を提供します。

研究結果は の分析で発表される最新の研究にあります。 はやぶさ-2 探査船が集めた石とほこり 5.4g 小惑星竜宮から。

東北大学の友木中村(Tomoki Nakamura) シニア科学者は、金曜日のサイエンス(Science)ジャーナルに今回の研究結果を発表する前の記者たちに「この水滴は大きな意味がある」と話した。

「多くの研究者は水が [from outer space]しかし、実際に地球近くの小惑星である竜宮で初めて水を発見しました。

はやぶさ2号は2014年、竜宮探査のために発射され、2年前に地球軌道に戻り、サンプルが入ったカプセルを落とした。

貴重な貨物は、地球の生命体の一部であるアミノ酸が宇宙で形成された可能性があることを示す有機物質を含む、すでにいくつかの洞察を提供しています。

研究チームの最近の発見は、「塩と有機物を含む炭酸水」である龍宮サンプルの液滴であったと中村氏は述べた。

これは、Ryuguのような小惑星や、それ以上の大惑星が地球と衝突したときに「塩分や有機物を含む水を提供する」可能性があるという理論を裏付けると彼は言いました。

「たとえば、これが海の起源や地球上の有機物の起源と直接関連している可能性があるという証拠を発見しました」

アメリカ、イギリス、フランス、イタリア、中国からの30人を含む約150人の研究者からなる中村のチームは、龍宮のサンプルを分析する最大のチームの1つです。

サンプルは、新たな発見の機会を最大化するためにいくつかの科学チームに分けられました。

研究グループに属していない宇宙生物学の専門家であり、横浜国立大学名誉教授である小林健也はこの発見を歓迎した。

彼は「サンプル自体で水が見つかったという事実は驚くべきことだ」と述べた。 その脆弱性と宇宙空間で破壊される可能性を考慮するとき。

「それは、小惑星が氷ではなく液体の形の水を含んでおり、その水から有機物質が生成された可能性があることを示唆しています.」

READ  Firefly AerospaceはSpaceXロケットを選択して、2023年Blue Ghost Moon着陸を発射します。

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close