トップニュース

小林リョユ、日本男子ワールドカップ優勝記録を更新

Ryoyu Kobayashiは先週の金曜日、ルーマニアラスノフで通算18回目の冠を占めており、日本の男がワールドカップで優勝したスキージャンプ最多記録を覚ましました。

24歳の彼は、今年の冬、通常の丘で94mと98.5mのジャンプに続いて257.9点でW杯で最初で唯一のワールドカップ優勝を占めて8回のオリンピック選手権Noriaki Kasaiを超えました。

小林亮原油価格2021年2月19日、ルーマニアラスノフで開かれたスキージャンプのワールドカップ大会に出場します。 (編集のみ)(教徒)

小林が世界選手権大会を控えて個人戦の最終優勝を占めたのは、ポーランドザコパネで開かれたワールドカップ14ヶ月の干ばつを終わらせて1週間足らずになって出てきたことです。

Ryoyu Kobayashi(Kyodo)

小林は「今日は私のジャンプに満足してはかなり良かった。また、先週ザコパネであったシーズンの第二のポディウムとその前の非常に長い干ばつに満足している」と述べた。

「今回の(過去)夏のトレーニングすることができる可能性が多くなかったので、ここ数年の間にのように気分が良くはないが、世界選手権大会時より多くの自信を得ています。ドイツ)Oberstdorf」

ポーランドカミルストフ(Kamil Stoch)は256.3点で92.5点と97.5点で2位、ドイツのカール・ガイガー(Karl Geiger)は小林に2.2点、94.5点と96.5点で3位を占めています。

この日、日本のSara Takanashiはシーズンの第三の女スキージャンプのワールドカップで優勝しており、彼女の通算60周年を迎えました。


関連報道:

スキージャンプ:Sara Takanashi、女子ワールドカップ60勝獲得

スキージャンプ:Sara Takanashi、ワールドカップ3連覇

スキージャンプ:小林リョユ、日本男子ワールドカップ優勝記録


READ  ソニー、PS5で目標株価1万円回復の条件 - 朝鮮日報

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close