スポーツ

小林涼由、コロナ19に勝利…

小林涼也(Ryoyu Kobayashi)は、日曜日に開催されたFISスキージャンプワールドカップクリングエンタル(Klingenthal)の試合でCOVID-19陽性判定を受けた選手リストから除外された後、2回目の大会で優勝しました。

小林は129.5mと139mのジャンプでドイツで1位を占めて262.8点を獲得し、ノルウェー5人を抜いて決勝に上がった。 Daniel Andre Tandeが2位、Marius Lindvikが最後の賞を受賞しました。

小林は「最高の体調ではなかったが、ついに良い競技力を見せた」と語った。 「(2回目のジャンプで)間違いをしないと勝てるとわかっていました。」

通算21回目の優勝だった。

25歳のこの選手は、11月27日、フィンランド・ルッカで行われたワールドカップで歴史的な20回目の優勝をしてから1日でCOVID-19に陽性反応を示したと明らかにしました。

FISによると小林は無症状だったが、隔離を要請された。

小林はTwitterを通じてすでに6月、コロナ19に感染して予防接種を完了したと明らかにした。

彼は土曜日のクリングエンタルで開催された2回のワールドカップのうち、最初のワールドカップで7位を獲得しました。

間違った情報とあまりに多くの情報が共存する時代に 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読すると、物語を正しく理解するのに役立ちます。

今購読

フォトギャラリー(拡大するにはクリック)

READ  兄が率いる4部クラブに黄金旧式三浦和吉が合流した。

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close