理科

尿我慢できずに尿漏れ…過敏性膀胱の新しい治療| 健康UP | NIKKEI STYLE

日経Gooday(グッデイ)

男女問わず40代以上の日本人8人に1人に見える過活動膀胱(ぼうこう)。 突然耐えられないよのを感じたり、そのために尿を漏らしたり….トイレが近いことも多く、「外出や旅行にも気軽に楽しむことができない」「仕事中に何度もトイレに行きにくく困難」などでお悩みのしている人も多い病気である。

その最新治療である「ボツリヌス毒素膀胱壁に注入療法(ボツリヌス療法)」が2020年4月から保険適用された既存の薬剤と治療法が効果がなかった人も、症状が改善されることができる。ボツリヌス療法とはどのようなものどの患者に向かっているかどうかなどの泌尿器科聞いた。

我慢できない尿をもたらす病気

年齢尿問題は増える。 トイレが近くか、(週間頻尿)、夜尿で起きてしまう(夜間頻尿)などは、多くの人が経験したが、「突然尿がしたい我慢できないほどになる」(ヨハネの切迫感)」尿を我慢ず尿を打ち明けてしまう」(切迫性尿失禁)などの症状で、日常生活に支障をきたすようになったら、「過活動膀胱(OAB)」と診断される。

亀田総合病院(千葉県鴨川市)右ギニア女性の排尿機能センター野村正義センター長は「過活動膀胱は、いくつかの原因で尿を獲得長期的な膀胱のコントロールに問題が生じ、少量の尿から膀胱が過剰に収縮してしまう病気がときに、突然の強い尿意を感じたり、我慢できずに失禁してしまう症状を提供しています」と説明する。

生命を脅かす病気ではないが、症状が重くなると、「2時間と尿を我慢できずに映画館やイベントにも行くことができない」「尿漏れが心配で買い物も出てくることができない」との生活の質を大幅に低下させる面倒な病気でもである。

過敏性膀胱は、尿を獲得長期的な膀胱のコントロールに問題が生じ、少量の尿から膀胱が過剰に収縮してしまう病気である。亀田総合病院のホームページの画像をもとに作成

男女とも40代以上に増加開始が、女性はより難しい病気

この病気の判別診断で重要なのは、尿切迫感である。 泌尿器科などが使用される「過活動膀胱の症状質問票」(OABSS)は、尿切迫感が週に1回以上であり、頻尿、夜間頻尿、切迫性尿失禁などの症状がある場合は、過活動膀胱を疑う。 国内で行われた疫学調査では、過活動膀胱の症状がある人は、年齢とともに増加し、40代以降の日本人の8人に1人は、この病気に日常生活にどのような支障をきたすことが分かった。

と活動性膀胱の症状についての質問チケット

質問3のスコアが2点以上で、全体質問の合計点数が3点以上であれば「過活動膀胱」と診断される。 (出典:過活動膀胱診療ガイドライン)

活動性膀胱後年齢別罹患率

本間之夫のほか、日本排尿機能学会誌2003; 14(2):266-277。に基づいて

グラフを見ると、過敏性膀胱の有病率は、どの年代でも男性が多いが、医療機関に相談する人は女性が圧倒的に多いという。 その理由について野村センター長は「女性が日常生活の中でトイレの問題がやすいからだと考えられる」と述べた。

例えば、ゴルフを楽しむときトイレと休憩所は何ホールか回らなければ到着できない。 男性の場合、どうしても我慢できないときは、「草むらから少し “になる人もいるようだが、女性はそうではない。 また、駅、高速道路のサービスエリアなどでも女性は別室の数が制限されるため大変な思いをすることになる。 そんなことは、女性の診察沢山に接続されていると推測される。

READ  水性探査船「ミオ」&「MPO」金星スイングバイの結果が発表される| sorae宇宙のポータルサイト

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close