トップニュース

居酒屋は損失を報告しますが、ファーストフードチェーンの販売は急増

日本のレストラン部門はコロナウイルス大流行に外食する人の数が減少するにつれて、最近の収益に異なる結果を報告した。 izakaya バーオペレータは難しい、テイクアウト需要はファストフードチェーンを増加させた。

パブ運営会社インとタミー(Watami Co.)は、3月末の営業年度に116億9千万円(1億5000万ドル)の損失を報告した。 政府が年間のウイルス対策措置の一環として、食堂で酒を提供するための時間を短縮し、早期にドアを閉じるように要求したからである。

ワタミ渡辺美樹会長は、オンラインブリーフィングで「現在の状況が続けば、2021年会計年度に50億円から60億円の赤字国が予想される」とし、国営の120億円の資本注入を要請したと付け加えた。 日本の開発銀行。

和風セットメニューチェーン運営会社であるOotoya Holdings Co.を含むレストランやパブを運営するColowide Co.は、2020会計年度に97億3千万円の記録的な損失を記録しました。 その一環として、48軒のレストランを閉鎖することを決めました。 ビジネスレビュー。

食事とテイクアウトブームにお金をもうけているファストフードチェーン運営会社のKFC Holdings Japan Ltd.は、2020会計年度の純利益が82.9%増の28億1千万円を記録しました。

McDonald「s Holdings Company(日本)は、1〜3月の期間中に、前年比9.8%増の1550億円の売上高を記録しました。

誤った情報とあまりにも多くの情報の時代に 良質のジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
サブスクリプションの場合、ストーリーを正しく伝達するのに役立ちます。

今予約購読してください

写真ギャラリー(クリックすると拡大)

READ  日本の日経、アメリカプレゼント低迷で1ヶ月の最低記録

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close