屋久島の「海のアルプス」で雨の日

Estimated read time 1 min read

1993年、屋久島は日本初のユネスコ世界自然遺産に指定されました。 荒々しい山々、鬱蒼とした熱帯雨林、素晴らしい海岸線は訪れる価値がありますが、おそらく、作家の里琴美が鹿児島を初めて訪れたときに撮ったよりも時間がかかります。

屋久島の雨を突き抜けて疾走する

鹿児島市から南に約135kmの屋久島は、雨の多い場所です。 彼女の本で うきくも (トランス。 浮遊雲)、 Hayashi Fumikoは島に「月に35日」雨が降ると記録します。

私が訪れた日は本当に雨が降りました。 鹿児島港から高速船で2時間走り、濃厚な雲が降り立った宮ノ浦港に到着しました。 露雨が降る風に空気が冷えた。 港に立って写真を撮っているが、タクシー乗り場に待機していたタクシーがすべて消えて、私は乗ることなく残された。 タクシーを呼ぶためにタクシー会社に電話をかけましたが、ピックアップ費用が5,000円かかるということで、その計画を放棄しました。 港から徒歩20分で自転車レンタル店を見つけ、そこからモーペドを借りました。

宮ノ浦に雲。 (©リコトミ)

屋久島はほぼ全体が山で覆われており、急な地形の端に島を丸くする道路があります。 山々はすべてつながっており、九州で最も高いピークである1,936mの宮之浦山を中心にしています。 つながっているこの壮大な範囲のピークは時々「海のアルプス」と呼ばれ、ユネスコの世界自然遺産の一部として登録されています。 また、島の風景がスタジオジブリ映画の背景にインスピレーションを与えたようです。 モノノケ姫

宮之浦港の近くにある屋久島環境文化村センターに立ち寄って地域情報を収集すると、スタッフが「どこに行きますか?」と聞きました。

「屋久島は初めてですが、ぜひ行ってみるべき場所はありますか? しかし、車は乗らず、バイクだけです。」

地元の人はしばらくそれについて考えなければなりませんでした。 「白谷運輸伊京峡谷に行ってみるべきだと思います」

「見るのは何ですか? 「

「ちょっとあります。 ルーブリ 自然の風景。 縄文杉杉や大光と岩が有名です。 選択できるコースが複数あるので、最も簡単なコースを選択してください。

Googleの地図を確認してみると、白谷雲水京が比較的近く見えただけでなく、市内で一直線で撮られました。 「白い渓谷雲水渓谷」のような名前自体が美しい景色を暗示していたので、行くことにしました。

しかし、バイクに乗り、白谷Unsuikyōまで直進し、雲の上の雲はますます不吉になっています。 本当に深い山の中に入るようにますます高く上がり、いつの間にか緑の斜面に囲まれていた。 砲口を覆っていた穏やかな霧の露雨が山から雨滴になるのを感じることができました。 この山道には雨を避ける場所がなく、目的地に向かって進み続けた。 あちこち道路工事区間もあり、険しい走行が可能だった。

白谷雲水京への道。 (©リコトミ)

柔らかい都市の女の子はあきらめます

40分の登山の終わりにようやく目的地に到達しました。 私の下には、川が岩の上の穏やかな緑の環境を通過し、白い霧の雲を吹き飛ばしていました。 静かで美しい峡谷だった。 標高650メートル、明らかに。 それで私はバイクに乗って650メートルの山の坂を登りました。 うまくいった、私。

山の壮大さ(©Li Kotomi)

オートバイを駐車し、峡谷の登山道に向かいました。

「山に登るの?」 オフィスの入り口近くに座っていた中年のスタッフが尋ねた。

「何? いいえ、どこにもハイキングしません。」

ただ散歩をしようとしました。 彼は不思議に思えた。

「ここはトレイルヘッドです」 彼は批判的な目で私を見て言った。 「あなたは本当にハイキングのために服を着ていませんでした」

実は私は装いが軽かったし、バックパックではなく財布を付けて足にはスニーカーを履いていた。

「それでは、登山だけするのですか? 大変な散歩ですか?」

「それはかなり大変なことだよね」

職員がその地域の地図を取り出して指で指して説明してくれた。 入り口は650mにあり、トレイルはすぐに急な斜面を登りました。 のモデルになったと推定される地域 モノノケ姫コケムス森は海抜860m、太鼓岩は1,070m、Jōmon Sugi木は1,300mに立っていました。

なんだか緩やかな遊歩道だと思ったが、本格的な散歩だった。 都市に住む弱い弱い私にはここがある場所ではなかった。 私はやむを得ず入ることをあきらめてバイクに乗ってきた道を戻すしかなかった。 その険しい山道を40分も走り、目的地までたった10分を過ごしたという考えに虚無さを感じた。

道路近くから見える白谷雲水京の全景。 (©リコトミ)

屋久島の時計レース

急な山道を降りて再び降りるのには上がった時間の半分しかかからなかった。 次に、島を反時計回りに回る海岸道路を利用することにした。 白谷圭塚に向かって上がる無益な時間の間に多くの時間を費やしました。 午前10時前に屋久島に到着したが、鹿児島港に戻る最後のフェリーは、それから6時間後に出発しました。 海面近くに戻った時はすでに午後1時だった。 帰り道と家賃を返却する時間を考えると、1時間早く港に帰らなければならないと思いました。 だから私は島を一周するのに約2時間しか残りませんでした。 私は意外に急な気分だった。

私が乗っている間、雨が止まりました。 約20分、島の最北端である八幡咲に到着しました。 私はその端に立っているイッソー灯台から海を眺めることにした。 灯台まで行く道を選びましたが、地図で見るよりも遠く、舗装はされていますが、道はこぼれてくぼんだところが多かったです。 最後に駐車場がありましたが、そこから灯台に行くには丘の道を片道10分以上歩く必要があることに気づきました。 往復旅行をすると、本質的に時間がまったく残りません。 やむを得ず灯台をあきらめてきた道を戻すしかなかった。

さらに20分走り、長田稲荷浜ビーチに着きました。 これは島で数少ない砂浜の一つで、他のビーチと一緒にラムサール湿地に指定されています。 長さ約1kmの風化した花崗岩からなるこの白い砂浜はウミガメの繁殖地のようです。 雨は止まりましたが、島の上の空は依然として雲に覆われていて、海は鉛です。 ビーチには人的もほとんどなく、まるで無人島を一人で歩く気分だった。

長田稲荷浜ビーチの荒涼とした風景。 (©リコトミ)

次は夜を刻みます!

短い散歩や風景を見た後、帰る時間でした。 来た道を戻り、約40分で宮ノ浦市内に到着しました。 レンタルショップ近くの信号灯で待って船に乗ることができるという安堵感を満喫していた。 そしてまさにその時、後ろからカンクする感じがした。

何が起きたのか分からないまま瞬間ぼんやりした。 私は何が起こっているのかを見て戻って、私の後ろに車があるのを見ました。 私は彼が私に駆けつけたことに気づきました。 私は信号の前で止まって、車が私のモペドを後ろに立てた。 つまり、事故に対して100%自分の責任があるという意味です。

幸いなことに、車がゆっくり行っていたので、モーフェドに少し傷があっただけで怪我をした人はいませんでした。 中年男性のドライバーは車から降りて大きく謝罪した。

「大丈夫ですか? けがをした?」 彼は心から心配して尋ねた。

「私はけがをしませんでした。 ただ、これはレンタルで、お店に返却する必要があります。 一緒に行けますか?」 「

彼はすぐに同意した。 とても優しく見せて嬉しかったですが、もしかしてナンバープレートを撮ってみました。

私たちが店に着いたとき、ドライバーは所有者に物事を説明しました。 幸いにも、運転手と店主はお互いを知っていたのでスムーズに処理できました。 私は純粋に事故の犠牲者だったので、店の誰かが私を港に乗せてくれたので、私はフェリーの時間に合わせて着きました。 車が早く行き、事故が深刻だった場合、何が起こったのか想像しないように努力しました。

私は船に乗って屋久島を後にして去った。 日帰り旅行は島を本当に楽しむにはあまりにも早いことが明らかでしたので、次回の訪問では少なくとも一晩を過ごすことにしました。

私は島に戻り、厚い雲の層を超えて輝く黄金の夕焼けを見ました。

屋久島の最後の明るい景色。 (©リコトミ)

(原本は日本語で発行されています。バナー写真:Shiratani Unsuikyō。すべての写真©Li Kotomi。)

READ  2022年Lexus NX、日本の最高峰のぞき
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours