トップニュース

展示、日本で「慰安婦」が自発的に雇用されたハーバード大学教授の論文が国際論議を呼んだ。

ハーバード大学の教授が展示、日本で性奴隷に閉じ込められていた韓国女性が実際に売春婦として働いて決めたと主張しながら、国際的な騒ぎを巻き起こして調査を受けている。

最近の学術論文でJ. Mark Ramseyerは、日本がいわゆる大規模な研究の結果を拒否した。 「慰安婦」 第二次世界大戦中の軍事売春店で働かなければならいました。 代わりにRamseyerは女性が性労働者に喜んで契約を締結したと主張した。

彼の論文は、 政治的紛争 女性が降圧されたという事実を指導者が否認する日本と強姦や虐待を共有した女性に謝罪と補償を提供するように、長い間、日本に圧力をかけてきた韓国の間に。

数十年の研究では、 慰安婦虐待 韓国と日本が占領した他の国で。 1990年代に女性はどのように自分が慰安所に連れて行かれたし日本軍に性的サービスを提供する必要がしたのかについての説明を共有し始めました。

数百人の学者たちが南北が怒りを引き起こしたラム建ての記事を非難する手紙に署名した。 先週の火曜日、北朝鮮の国営北朝鮮今日はラム建てを「反発のお金貪欲」と「医師の学者」と呼ぶの記事を掲載した。

ハーバードロースクールの日本法学教授であるラム建てはコメントを拒否した。

「太平洋戦争でセックス契約」というタイトルのRamseyerの記事は12月にオンラインで公開されており、国際法と経済的な検討3月号に掲載される予定です。 しかし、この問題は、中断されたジャーナルは、この作品が調査中である」懸念の表明」を発表しました。

歴史に最も驚くべきことは、彼らが言う証拠が論文の証拠がないことです。 ハーバードと他の機関の学者たちは、Ramseyerの出所をくまなく捜さ彼記述した契約の歴史的な証拠がないと言いました。

ハーバード歴史アンドリューゴードンとカーターに切口は記事を撤回することを要求する声明の中でラム建てが慰安婦に関連する「実際の契約を一つ協議していなかった」と述べた。

「私たちはRamseyerが彼未読契約について非常に強調された表現でどのように信頼性の高い主張をすることができるかどうかわかりません。」と彼らは書いている。

コネチカット大学の現代日本と韓国の歴史的なAlexis Dudden銀の​​記事を何十年の研究を無視する「全制作」と呼ばれていました。 いくつかは、Ramseyerを弁護するために学術の自由を主張したがDudden銀の​​記事が「学業的整合性の要件を満たしていない」と反論しています。

「これは空中で出てきたと主張しています。」と彼女は言いました。 「彼は契約を見たことがないということは、彼の文章と情報源から非常に明白です。」

1,000人以上の経済学者がこの記事が「ひどい残虐行為を合法化するための標識として、「経済理論を悪用している、別の書簡に署名した。 別の日本の歴史のグループは、「学術的不正行為を理由に「記事を撤回する理由を説明する30ページ分量の記事を発行しました。

Harvardから数百人の学生がRamseyerに謝罪を要求する請願書に署名した、それに対する不満のための大学の答えを受けました。 ハーバードロースクールは、コメントを拒否した。

1996年国連の報告書によると、慰安婦は「暴力と明示的な降圧」を介してのとれた性奴隷と結論に達しまし。 1993年、日本の声明は、女性が「自分の意志に反して、「受け入れられた事実を認めたが、その後、日本の指導者たちは、このを否定した。

緊張が再び燃え上がる 1月に 韓国の裁判所が日本政府が2013年の戦争のために告訴し、12人の女性に1億ウォン(9万ドル)を与えなければならないと判決したとき。 日本はすべての戦時補償問題が韓国との関係を正常化する1965年条約に基づいて解決されたと主張します。

韓国で活動家はRamseyerを非難しHarvardで辞任を要求しました。 エリート子供韓国男女平等家族部長官は先週の記事に対して失望感を表わした。

鄭長官は、「日本軍の「慰安婦」問題を歪曲して被害者の名誉と尊厳を毀損しようがある」と述べた。

92歳の韓国人であり、生存者であるイ・ヨンスはラム建ての主張が「滑稽だ」と言って謝罪を要求した。

影響力のある活動家であるLeeは韓国と日本が 判断を救う 国際司法裁判所で

先週の水曜日Ramseyerについての質問にLeeは「その教授もICJに引かれてなければならない」と述べた。

Ivy League大学の起源によって増幅された議論は、Ramseyerの他のタスクのための新たな調査をもたらした。

学者たちが提起した新たな懸念に対応するため、欧州の法律、経済誌は、20世紀初頭の日本に住んでいる韓国人を研究するRamseyerの最近の記事を調査している編集者のメモを追加しました。 Cambridge University PressはRamseyerの今後の本場」の著者、この本の編集者との間の協議を経て、著者によって修正されるだろう」と述べた。

Ramseyerは今年1月、日本ニュースサイトに提出した慰安婦の主張を繰り返した。 その記事では、彼の女性が、日本では、別の許可された売春システムで使用されているものと同様の契約を締結したと主張した。 彼は強制労働についての説明を「純粋なフィクション」と拒否した。 日本軍は、「韓国女性が売春店で働くように騎兵しなかった」と述べた。

「経生活を生きてきた年老いた女性に同情を表現するのはかまいません。」と彼は書いた。 「安定した関係を回復するために同盟国にお金を支払うことはかまいません。 しかし、韓国人慰安婦の奴隷の主張は、歴史的に事実ではありません。」

反対者たちは、多くの女性があまりにも幼く契約の証拠があっても、性交に同意することができなかったと反論します。

コネチカット大学のDuddenは「私たちは本当に15歳について話しています。 「この記事は、著者さえ証明することができないという主張を主張することで、ごく少数の生存者をさらに犠牲にさせます。」

READ  西武内海、743日ぶりの勝利の移籍後初勝利! 足吊りも5回0封 "しつこく投げられた」(Full-Count) - スポーツナビ

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close