展覧会は日本の編みこみコードのデザインを見る。

1 min read

ケンジントンのジャパンハウスは、私たちのほとんどがかろうじて考え、おそらく芸術形式であることを全く知らないような編みこみを展示しました。 文字通り「スレッド結合」に翻訳すると、 くみひも 鮮やかな色と複雑なパターンが特徴で、しばしば絹で作られた最大140本の手で染められた糸を組み合わせた職人が作ります。

この展覧会は、ブレードの例、ブレードを作るために使用されたハンドベトル、そして最も興味深いのは、ブレードを表示するデザインと非常に近代的なアプローチの背面にある数学です。

私が部門について知っていることがほとんどないという事実を誇示しながら、驚いたことの1つは、古い軍服の重い装飾的な編組が単に装飾的なものではなく、実際に着用者を保護するために存在することです。 かさばる。

織機の例はたくさんあります。 伝統的な木材といくつかの現代的なアクリルの両方が仕事を見せていますが、最大の喜びは、編みこみのパターンと職人技を間近で見ることができるということです。

展示会は地下にありますが、1階にもより多くの展示があります。

観覧は無料で、チケットを予約する必要はありませんが、忙しい場合に備えて特別な旅行をする場合は、チケットを予約することをお勧めします。

KUMIHIMO: Japanese Silk Braiding by DOMYO展は2023年6月11日まで日本ハウスで開催されます。

無料チケットを予約できます ここ

この展覧会は、1652年から手編みの絹の紐を作ってきた東京中心部の上野の古いショッピング&ナイトライフ地区に位置する会社であるYusok Kumihimo Domyo(Domyo)が製作しました。

このウェブサイトのサポート

このウェブサイトは現在10年以上にわたり運営されており、広告収入はウェブサイトの資金調達に貢献しますが、費用はかかりません。 だから施設を設けました。 ドナーボックス ウェブサイトの費用とニュース記事の作成と研究に投資した時間に貢献できます。

これは、The Guardianと多くの小規模ウェブサイトが現在のコスト上昇と広告削減に直面して収入を生み出す方法と非常に似ています。

1回限りの寄付でも定期的な寄付でも、すべての追加サポートは、このウェブサイトの運営費用をカバーし、定期的にロンドンのニュースや事実を提供するのに大いに役立ちます。

ここで読んだ内容が好きなら、ウェブサイトをサポートしてください。 ここ

ありがとう

READ  技は豊富だが音楽的予約
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours