世界

山口市公務員は、ニホンザルが赤ちゃんを盗んで肉を傷つけると言いました。

東京 – 日本南西部の都市の人々が赤ちゃんを捕まえようとする猿、肉を噛んで爪にする猿、保育園にこっそり入る攻撃を受けました。

7月8日以降、58人に対する攻撃が激しく、山口市役所は鎮静剤銃で動物を狩るために特殊部隊を雇いました。

猿は食べ物に興味がないので、トラップは機能しません。 彼らは主に子供と高齢者を対象としていました。

斉藤正人公務員は水曜日、「彼らは非常にスマートで、後ろからこっそりと近づいて攻撃する傾向があり、しばしば足を握る」と述べた。

斎藤によると、猿に遭遇したときの指示は次のとおりです。 猿の目を見つめないで、コートを広げるように自分自身をできるだけ大きく見せ、突然動かさずにできるだけ静かに戻ってください。

ベランダに洗濯物を敷いた女性が猿に暴行された。 別の被害者は包帯を巻いているつま先を見せた。 彼らは猿がどれほど大きくて太ったのかを見て驚きました。

地域社会を脅かす猿は日本猿で、しばしば温泉で平和に入浴するように描かれています。

身長49センチメートル(1.6フィート)、体重7キログラム(15ポンド)の雄猿一匹が火曜日に鎮静銃を持ってチームに捕まった。 様々な証拠によって攻撃された猿の一つと判断され処刑された。

しかし、キャプチャ後、より多くの攻撃が報告されています。

これまで大きく傷ついた人はいません。 しかし、すべて病院の治療を受けるように勧められています。 場合によっては救急車が呼び出されました。

日本は工業化され都市的ですが、列島の土地の大部分は山と森です。 クマ、イノシシ、または他の野生動物が人々を攻撃することはまれですが、一般的に猿ではありません。

なぜ攻撃が起こったのか誰も知らないようで、猿の群れが正確にどこから来たのかは不明です。

斉藤は「私の一生こんなことを見たことがない」と話した。

Copyright © 2022 by Associated Press. すべての権利を保有。

READ  オックスフォード大学の学生は、植民地主義を引用して、女王の肖像画を削除します:NPR

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close