岡戸、日本に3番目のロボット倉庫を建設

1 min read

オンラインスーパーマーケット岡戸は、日本国内のイオンとの提携の一環として、第三ロボット倉庫を建設する計画だと明らかにした。

FTSE 250上場企業グループは、2019年に日本流通企業Aeonと初めてパートナーシップ契約を結んだが、クキミヤシロの新しいサイトが2027年に稼働すると発表した。

Aeonの最初のロボット倉庫が1年前、日本の関東地方に扉を開いたのに続き、Ocadoの技術を活用した製品が発売され、2026年には2番目のロボット倉庫が八王子に扉を開く予定です。

Aeonがオンライン食料品配達サービスを拡大するにつれて、両社は全国にロボット倉庫をさらにオープンする予定です。

岡戸グループの最高経営者であるチームシュタイナーは最近発表を「すでに強力なパートナーシップをさらに強化するAeonと岡戸の関係において興味深い瞬間」と絶賛しました。

「オカドは、Aeon Nextが東京全体の顧客にシームレスなオンライン食料品体験を提供するのを助けています。

「私たちは将来、より多くの顧客にこのサービスを提供することを楽しみにしています。」

岡戸の株価は月曜日初めの取引で5%上昇しました。

6月にカナダのスーパーマーケット大手ソベイがバンクーバーにある新規倉庫の改装を中止するというニュースが伝わり、岡戸株価が暴落した後、投資家に少しの希望を与えてくれました。

ソベイとオカドはまた、英国企業のオカドスマートプラットフォームの海外発売への打撃とみなされ、相互独占契約を終了することに合意した。

岡戸の株価は今年に入って50%以上暴落し、最近FTSE 100指数から除外されました。

独立小売アナリストのニック・バブ氏は、「岡戸株主は最近、海外ライセンス取引に関する良いニュースをあまり聞いていないが、今日の日本の巨大企業であるイオンとのパートナーシップが進んでいるというニュースを聞いて嬉しい」と語った。

READ  新しいGTA 6流出によると、このゲームにはフランチャイズ初の子供キャラクターが登場すると言われています。
Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours