スポーツ

岡本が最初ホームラン王カンノグァ小野2冠/ 3つのタイトルのリスト – プロ野球ライブ速報要約:日刊スポーツ

14日セ・リーグは今季レギュラーシーズン全体のスケジュールが終了。 タイトル勝者が確定した。 勝者は次のとおりである。

最初の打者

DeNA佐野慶太(最初の)打率3割2分8厘

佐野慶太(2020年10月16日撮影)

ほとんどのヒット

中日大島洋平(2年連続2回目)146安打

大島洋平(2020年8月18日撮影)
大島洋平(2020年8月18日撮影)

最多本塁打最多打点

巨人岡本和真(すべて初)31本塁打、97打点

岡本和真(2020年10月28日撮影)
岡本和真(2020年10月28日撮影)

最多盗塁

阪神近本浩二(2年連続2回)31盗塁

近い本浩二(2020年10月1日撮影)
近い本浩二(2020年10月1日撮影)

最高出塁率

ヤクルト村上宗隆(最初の)出塁率4割2分7リ

村上宗隆(2020年10月28日撮影)
村上宗隆(2020年10月28日撮影)

最高の数の比率、最も多くの三振

中日大野雄大(2度目で2年)防御率1.82

      (初期)三振148個

大野雄大(2020年10月14日撮影)
大野雄大(2020年10月14日撮影)

最も多くの勝利、勝利の割合が最初の

巨人菅野由紀(2年ぶりの3番目)14勝

      (最初の)勝率8割7分5厘

菅野由紀(2020年10月13日撮影)
菅野由紀(2020年10月13日撮影)

最優秀中継ぎ

中日祖父江大輔中福敬登ヤクルト清水上昇(最初の)30ホールドポイント

最優秀中継ぎを手にした左から中日福中祖父江ヤクルト清水
最優秀中継ぎを手にした左から中日福中祖父江ヤクルト清水

最多セーブ

阪神ロベルト・スアレス(最初の)25セーブ

ロベルト・スアレス(2020年10月17日撮影)
ロベルト・スアレス(2020年10月17日撮影)

READ  [JRA]東スポカップGII推進、年3回3日間開催東京オリンピック支援などの計画を発表し、2021年に開催さ一味案| 競馬ニュース - netkeiba.com

Okano Akemi

「ベーコンオタク。ゾンビ中毒。ハードコアコーヒー愛好家。テレビマニア。音楽マニア。Twitterマヴェン。フードホリック。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close