世界

岡田光世「トランプの米国のに住んでいる人々のカマラ・ハリス「デビュー」の評価 – 副大統領候補討論会:J-CASTニュース[전체보기]

「今その話をしていた」 – 。 副大統領候補討論会翌日、ニューヨークのカフェや公園が話題で持ちきりだった。 民主党候補カマラ・ハリス氏の「デビュー」が都市の人々は何を思ったのか。 民主党支持者が多く、この都市では、私が参加したオンラインビューイングパーティーと共和党支持者の声も含めて討論会を振り返る。

  • カマラ・ハリス氏とマイクペンス氏

  • カマラ・ハリス氏とマイクペンス氏

「I」m speaking(私の話しています) “

日米両方の報道のほとんどは、民主党性向であるため本稿では、これまで、米国の現状をより正確に伝えたい思いから、共和党支持者の声も紹介している。

今回はカマラ・ハリス上院議員の「デビュー」ということもあり、また、ニューヨークという自由主義地方の慣習もあえて民主党性向の意見を多く入れた。

2020年10月7日、米国ユタ州ソルトレイクシティで開かれた大統領選挙副大統領候補討論会、私のズームを使用したビューイングパーティーで見た。

参加者は、30人弱。 他人が一緒にライブで討論会を見ながら自分なりの意見をチャットする。

ハリス氏が口出しを入れたマイクフェンス副何度も「I」m speaking(私の話)」と笑顔をしたり、自分の発言を否定するために頭をに振ったりするたびに、「その表情、見た?最高だ」とチャットの文字が画面に表示される。

“カマラは押しが足りない」

議論の方法については、「フェンスの方が議論が美味しい。自分の不便も自分の土俵で、人々が理解しやすいように言っている “、”カマラは押しが足りない。良い答えも一部あったが、効果的に力強くメッセージが配信されない」という意見がチャットに上がった。

一方、「フェンスの話をカマラが、私たちアメリカ人の問題に戻してくれるので、うれしい」「フェンスが質問に答えていない」という声もあった。

翌日、ニューヨーク市内を歩き回って出会った人々の討論会の感想を聞いてみた。

アパートのエレベーターで一緒にいて、男性は「討論会が選挙結果を左右するとは思わないが、トランプとバイデン時とは異なり、civil(丁寧)であった。フェンスは、任意の人に行く今、国民も知っている。多くの人がカマラを知る機会となった。彼女は説得力のある話をするつもり」

郵便物を配達していた黒人男性(62)は「フェンスが口挟んだけ。しかし、カマラは動揺せずに堂々としていた。トランプは、現在混雑いい」と述べた。

「過信されるのは危険である」

カフェ外部テーブルでは、男性3人がコーヒーを飲んでいた。 近くにある私立高校の教師で昼休みにため息たところだった。

討論会について尋ねると、「今、その話をしていただろう」とした人が答えた。

50代前半の英語の先生は、「大統領選挙候補討論会に比べると、両方の例があった。カマラもフェンスも相手の良い点を突いたと思いますが、特にカマラトランプBS(bullshit =糞(肥後))を明確に指摘しした。フェンスが嘘を言ってもよく分かった」

「フェンスもそうだが、カマラの言葉に間違いがあったんだ」と私は言って添える。

「そうかもしれないが、政治はそのようなことがなければ。世論調査では、民主党が主導している。しかし、過信するのは危険である。最後のヒラリーて痛いことをされたから」

同様の年齢の他の英語の先生は、大統領候補と、今回の討論会動画12歳の息子に見せてくれたします。

「トランプとバイデン方は、大人として恥ずかしかったバイデンがカードにclown(ピエロ)とかshut up(黙れ)とか話した。トランプが口出しを入れ続けていたため、気持ちはよく分かるが、それは大人の言い方ではない”

彼らと別れのすぐ隣のセントラルパークを散歩して、ベンチで女性2人が前日の討論会について話しているのが聞こえてきた。 年齢は離れているが、友人とする。

女性1人(30)が「フェンスは無表情でセンギドなく、まるで感情がないロボットのようだったが、カマラはよりずっと人間的で、しかも専門だった」とはきはきと答えた。

また、一人の女性(60)もガンバルルル受け入れず話した。

“カマラはフェンスが彼女を攻撃しクトネヌンルル正しく待った。彼女の声のトーンが人間性をよく表している。少し生意気な賢明に見える話し方が「米国よ、この昏睡状態から目を覚ませ」と現実に呼んでくれているようで、良かった福音主義的排外主義の一派に多くのアメリカ人が洗脳起こった」

笑顔について「傲慢」「作り笑い」

今回ハリス氏の表情や笑顔が注目したが、私は知って共和党支持者の中でも、それが逆に「傲慢で相手を見下している」と感じた人が少なくなかった。 前回トランプの対抗馬だったヒラリー・クリントンの作り笑いを考えるようにして、声もある。

また、フェンス氏は一貫して冷静だったが、声のトーンや表情で感情を示したハリスがヒステリーに映った人もいた。

セントラルパークを取得しようとしたとき、交錯した女性(64)はこの日、初めて会った共和党支持者であった。 1989年、旧ソ連からアメリカに亡命したという。

「トランプを人間的に好きになれない部分もあります。しかし、彼は、国民から選出されたこの国の大統領です。わずか4年の任期であるが、なぜチャンスを与えることなく、最初から彼のことを全体否定続けています。気に入らなければ、対抗馬を出して堂々と選挙での戦いです。この国はとても分断されてしまった悲しい限りです」

今回の討論会で司会者が最後にユタ州に居住する女子中学生が書いた文章を読んだ。

「ニュースを見ると、民主党と共和党の主張だけ市民の議論だけで候補者が相手をやり込めるだけ。指導者が仲良くないのに、国民にどのように仲良くするようになります。」

中学生の言葉は続く。

「Your examples could make all the difference to bring us together。(私たちが一つにまとまるためあなたが模範ことが非常に重要になります) “

この言葉にうなずいた人も多いだろうが、自分を差し置い相手に指を向けた人も少なくないだろう。

旧ソ連で亡命漢女性は「討論会では、新たに得る情報は、何もせずにお互いを叩いて互いにているだけでは意味がない」と断言。

米国中西部ミネソタ州ミネアポリスに住む私の知人アンドリュー(70代)は「討論会では、双方のこれまでの過ちを非難中傷だけ。私が知りたいのは、今後4年間、双方が何をしたいのかということだ」と不満を吐露しした。

2次の大統領選挙の議論は中断

「討論会」では、何をどのように主張して、相手の攻撃をどのように下か注目される。しかし、その前に誰に投票するかを決定する人も多く、すでに投票を終えた人もいて、討論会が実際に選挙結果にどのような影響を与えるかは疑問である。

しかも今回そして過去の大統領候補討論会でも質問に答えがされていない発言も多く、双方の主張に誤りや誇張が目立った。 何が実際に何が違うのか、多くの有権者は判断できない場合もある。

外部から取材を終えてアパートに戻ると、トランプを支持するドアマンが私に言った。

「討論会でフェンスは言葉をもたとね。野球も何時間もプレイしている。延長戦もある。大統領選挙は、国の主要なイベントである。1つの質問に対して2分しか通話時間がなんて何をそんなに急いでいる?言い方たいだけ言わせてやれ。そしてfactcheck(ファクトチェック=事実かどうかの検証)する人が会場にいて、嘘を言えば、ランプが点滅、その場でバレる、ということはどう?」

討論会の後ファクトチェックメディアやサイトの一部が、その信憑性にも関係する。 公平なファクトチェックをその場で行う技術を駆使すれば、近い将来に可能になるかもしれない。

10月15日に予定されていた大統領候補、第2次討論会は中止と9日に発表された。 トランプの新型コロナウイルス感染を受け、オンラインでの開催が提案されたが、トランプが対面にこだわり、第2回及び第3回を週ずつ延期することを提案。 バイデン側がこれを拒否した。 3回目となるものであった22日の討論会が二人の最後の対面することになる。 (頻繁に掲載)

++岡田光世プロフィール
岡田・みつ作家・エッセイスト
東京都出身。 青山学院大学、ニューヨーク大学大学院修士号を取得。 日本の大手新聞の米国現地新聞記者を経て、日本とアメリカを行き来しながら、米国の市民の日常と哀歓を描いている。 米国中西部で生活した経験もある。 文春文庫のエッセイ「ニューヨークの魔法」シリーズは、2007年第1弾で累計40万部。 2019年5月9日出版されたシリーズ第9弾「ニューヨークの魔法は終わらない」とシリーズが完結。著書のほか、「アメリカの家族」「ニューヨーク日本人教育事情」(すべて岩波新書)などがある。

   

READ  ウイグル、チベット、モンゴルで中国政府が粘り強く宗教を弾圧する理由ポリシーと法律見る当局の「深い懸念」| PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close