entertainment

岩田隆則が言う「TENETテネット」 – 映画ナタリー特集インタビュー

「ダークナイト」シリーズや「インセプション」「ダンケルク」などで熱烈なファンを持つクリストファー・ノーラン監督最新作「TENETテネット」が9月18日に公開される。 本作は、第3次世界大戦を防ぐ任務を課す特殊部隊員」の名前のない男」の姿を描くタイムサスペンス大作「TENET」という謎のパスワードや「時間の逆行」というキーワードではなく、まだ多くの謎に包まれてある注目作だ。

今回驚いた作品の熱烈なファンであり、監督と対面経験もある岩田貴教(EXILE /三J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE)が本作をいち早く鑑賞! 映画ナタリーは、自分のインタビューを通じて、映画の魅力を紐解いていく。 岩田は本作の感想を “”タイムシフト “を描く前代未聞の映画」と言ってくれたほか、逆再生映像の内容と驚いたの才能について熱弁。 後半には、複雑な本作を理解するためのヒントも紹介している。

取材・文/浅見ミナ号撮影/須田卓馬
スタイリング/桶谷リノ(W)の衣装協力/ YSTRDY」s TMRRW、vendor

驚いた監督に受信したサイン脚本が今行ってみ

──まず試写会を見たうるもので、率直な今の心境を知ることができますか?

本当に……驚かせた感じですね。 言葉が出ません。 一言で説明することはできない映画体験だったので……しかし、それ何とか説明しなければなりません(笑)。 時間の概念の一般的な映画とは別の描き方をしているので、すごく革新的なと思いました。

──ありがとうございます。 詳細については、後で聞いて思います。 岩田氏は、2017年の「円弧」公開時の公式大使としてクリストファー・ノーラン監督とイベントに登壇しました(参照:岩田貴教が驚いた抱擁!プレゼント贈呈大感激 “童心に帰ってました」)。もう一度驚いた作品のファンがされたきっかけから教えてください。

きっかけは、2008年の「ダークナイト」ですね。 最初に見た後、取材で好きな映画を聞くと、ずっと「ダークナイト」終始(笑)。 だからクリストファー・ノーランという素晴らしい監督がいることを知ってから新作に期待していました。 「インセプション」は、何度見のか…確かに映画館で5回以上は見ていると思います。 英雄である「ダークナイト」は、勧善懲悪という軸での生活の現実的な難しさ、厳格なさを感じさせる作品だったと思いますが、「インセプション」は、別の難しさが良いでしょう。 一度見ただけで、すべての理解できる人は少ないと思いますし、私も理解するのに多くの時間を見に行った。 そして「ダンケルク」公開時には、監督に直接お会いする機会を得て、サインの脚本をプレゼントされたのです。 それを継続家に飾ってあって、行っていますね。

──監督との対面が決定されたときのコメントで岩田氏は「驚いた監督は、「この人の頭の中を見てみたい」と思っている人ナンバーワン」とおっしゃっていたのですね。実際に会った印象はどうでしたか?

なんだかすごく……家族と思う方だと(笑)。 家族来日されていて、個人瞬間も垣間見ることができました。 監督には、偶然に依存せずに、すべての緻密に計算さながら、映画制作をしていると話していたので、やはり本当にすごい方だね。 アイデアやセンス、才能も大きいと思いますが、驚いた監督は、一つのアイデアを作品に形で、その実現力・実行力を含む素晴らしいと思います。 多くの映画が好きな夢を与える監督です。

──もしこの時期にまた驚いた監督を満たすことができれば、「TENETテネット」の感想をどのように伝えるか?(※後で磐田は驚いたとオンライン対談で再会した。参照:岩田貴教が驚いたとWeb上で再会 “TENET」は「時空の歪みに入る感覚」)

また、「天才」としか言えません。 それほど素晴らしいです。 明白な質問ですが、数年前から構想していたんですか? 聞いたくなります。 最近浮上したのではなく継続が描きたかったんじゃないか、とロマンとカロリーを感じました。

「TENETテネット」というタイトルでピンときた

──「TENETテネット」は、世界的に見てもまだたくさんの情報は出ていません。

映画館で少し本編映像が流れているほどですね。

──はい。 驚いた監督の過去の作品の上映に合わせて約6分の先頭映像がスクリーンにかかっているので、熱心なファンはそこから情報を得ています。 まず「TENET ‘封切りが発表されたとき、岩田さんはどの部分に期待しましたか?

たとえば、「ダンケルク」であれば、展示のダンケルクの戦いをテーマにしているとか、「ダークナイト」であれば、バットマンとジョーカーが出てくるとか、トレーラーを見ればなんだかわかりましたよ。 しかし、「TENETテネット」は「インセプション」と同じで、正直なこと映画なのか知らなかったんですよ。見て、私は視覚的にはどのような世界観なのか、主人公が誰なのかもしれない。だから、 “どのように来るのだろうか?」と興奮させました。

──発表当時「インセプション」のような作品じゃないか? という推測も盛り上がりました。

はい。 どれが一番近いかといえば、やはり「インセプション」だと思います。 そして「新聞」の回文はありません」TENET」というタイトルは、逆に読んでも同じでしょう。だから、タイトルを見たときに「絶対に特殊効果を聞いているんだ」と感じてくるのです。意味のないタイトルなんて絶対に入れ監督ですからね。映画を見てあれば、やはりその回文構造がポイントになっていました。

最高の映画の経験がある劇場で見るべき作品

──本作では、「未来の敵と戦って、第三次世界大戦を防ぐ」というミッションを突然与えてしまった主人公の「名前のない男」の奮闘が描かれています。 先ほど岩田氏は、「時間の概念について一般映画とは別の描き方をしている」と感想をいただきました。

はい。 目に見えない時間という概念を実写映像に処理という非常に困難なと思います。 「ドラえもん」の机の引き出しのタイムマシンが出てくるじゃないですか。 カーペットに乗って闇を移動していく感じ……その “移動”を実写で描かれています。

──なるほど。 時間を遡っていく過程そのものを映像化していると。

岩田隆則

はい。 通常の時間旅行も乗って過去と未来に移動した後から話が始まりますね。 しかし、「TENETテネット」は「時間の逆行」という新しいビデオを使用して、その動きを表現したという前代未聞の映画です。 簡単に逆再生映像を使用した映画は、これまでもあったが、逆再生と一般の動きが同時進行的に、このように複雑に絡み合っていくような表現は、まだ誰も挑戦したことがなかったと思います。 そんな表現が全編にまんべんなく含まれているうえ、いくら考えてもCGがない映像がたくさんあって、「何が起こった今!?」と興奮した。

──今後は「時間を逆行させる装置」が完成されている設定が鍵となっていました。 実際の撮影時には、通常の動きで演じる人と反対の動きで演じる人が混じっていたそうです。

現場もとても面白そう! 周囲が逆再生運動をしている中で、自分だけ普通に歩いてね(笑)。 「ダンケルク」の絵コンテを見せてくれたときに驚いたのは驚いた監督の作品は、「なんとなく」撮っているシーンだけ一つありません。 顔の表情だけで何カットも分けていて、絵コンテの段階で、「このように動いてこう停止」と固く決めた。 今回ももちろんそうですね。 そして、後半の銃撃戦は映像にいたずらませんでした。 良い意味で理由がわからない! (笑)

──主人公の「名前のない男」が敵の大規模な銃撃戦を繰り広げるシーンですね。

視覚的には、戦争ものですが、激しいアクションの通常の時間の流れに動いている部隊と逆再生の流れに動いている部隊が同じ空間にいるんです。 今まで見たことが無いような映像でした。 特に、どのタイミングで大きな爆発が起こるのですが……実際にどのよう撮ったのだろうと今でも思うようになります。

──驚いた監督ならなるべくVFXを使用していない撮影にこだわっています。 「インセプション」で無重力を表現するために30mに及ぶ通路のセットを回転させたり、「ダークナイトライジング」で、実際に競技場を出したり。 今回もジャンボジェット機が空港に突っ込むシーンはボーイング747の実機を購入して爆発させたします。

語、危険であるね! (笑)どう見ても、実際に急いだね。 本物の混乱です。 そんな「そこまでしなくてもいいでしょ!」とここでは笑ってしまうほどの仕事を捨てるのも驚いた監督のすごさだと思います。 再度、映画は自由だと思います。

──世界7カ国でIMAXカメラを使用して撮影している本作は、劇場の大スクリーンで見こそ監督が望む映像を体感することができると思いますが、先に述べた銃撃戦、特に一見の価値がありそうですね。

銃撃戦はもちろん、さっきの話になった「反対運動」をしている人と、「肯定的な動き」をしている人の行動は、ぜひ映画館で見たいですね。 劇中にそのようなシーンが均等に出る。 単に図に笑ってしまうくらいすごいのですが、なぜ戦っているのか? という謎の面でも細かく注目情報がたくさん含まれており、一見の価値があります。 初めてオペラハウスでのテロのシーンで急に引っ張られており、音と映像による最高の映画体験をすることができるという意味で、とにかく劇場で見るべき作品だと思います。

READ  「家正雄渚さん」「MIU404 "メロン号登場ドラマファン歓喜のインスタンスの謎も明らかに/ 2020年9月2日1ページ - エンターテイメント - ニュース

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close