経済

岸田「日本と韓国との関係安定化が重要だ」

岸田文雄日本首相は、展示賠償と独島領有権をめぐるアジア諸国との関係が断絶された状況で、韓国との関係安定が重要だと金曜日に述べた。

岸田首相は団体インタビューで「国際的合意と約束は必ず履行されなければならない。韓国が肯定的に接近することを望む」と話した。

岸田文夫首相が2021年11月19日、東京で団体インタビューをしている。 (刑務所)

2018年末、韓国最高裁判所が日帝強占期の日本企業に強制徴用賠償金を支給するという判決を下し、両国関係が急激に悪化した。

日本は賠償問題が韓国に財政支援を提供した1965年の量子協定によって「完全かつ最終的に」解決されたと主張し、韓国政府に問題解決を促した。

国家はまた、日本の軍事売春店で働いていた朝鮮半島とは別の場所から来た女性のための楽曲漁法である「慰安婦」問題について意見を異にしています。

韓国の警察高官が最近、日本の竹島と韓国の独島として知られる日本海の一対の島を訪れた後、悪化した関係はさらに弱まりました。

岸田首相は、内閣が記録的な財政支出を含む景気浮揚策を承認する前に開かれたインタビューで「ファンデミックで大きな打撃を受けた日本経済ができるだけ早く国民に景気浮揚策を提供することで回復軌道に上がることを希望する」 「と言った。 」

木田は12月上旬に臨時国会を招集し、措置資金のための追加予算を通過させるための措置を取っていると述べました。

岸田首相はまた、消費税率を現行の10%から変更する計画がないと述べ、一部では日本がファンデミックの余波から回復するのに役立つようにこれを半分に減らさなければならないと主張しました。

インタビューは、岸田内閣がコロナウイルス大流行の影響を緩和するため、景気扶養策に記録的な55兆7000億円(4880億ドル)を支出することに決めた日に開かれました。

景気扶養策には10万円現金と18歳以下の子ども商品券が含まれており、予算は約2兆円と予想される。

10月4日に就任した岸田首相は、前任者安倍晋三が追求した「アベノミックス」政策に対する批判に対する対応で所得格差を減らし、経済成長と富の再分配に焦点を合わせた新たな資本主義を追求すると公言した。 菅吉秀は賃金引き上げに失敗し、企業利益と株価だけ引き上げた。

しかし、日本の強力な企業ロビーであるKeidanrenが、全面的な給与引き上げ要求をすでに拒否しているため、Kishidaがどれほど成功するかを考えてみるべきです。


関連範囲:

日本内閣、支出55.7兆円で景気浮揚策承認


READ  FACTBOX-日本の次期首相候補の主な経済政策の基調

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close