経済

岸田内閣支持率60%、11月より小幅下落

岸田文夫の内閣の支持率は60%で、11月より0.5ポイント下落した。

今回の調査は、政府がコロナウイルスのオミクロン変種の拡散を防ぐために苦軍奮闘していると同時に、岸田首相が自分の立場を覆したという非難を受けた家族に現金を支給するなどの措置で大流行の経済を復活させるために努力している中から出てきたのです。 混乱を招きます。

内閣の否定的評価は23%から22.7%に落ちた。

日曜日まで2日間実施した電話調査でも、79.2%が子育て家庭に現金で10万円を支給することに賛成した。

岸田政府は最初に最高所得者の年間所得が960万円未満の世帯に居住する18歳以下の子供1人当たり5万円を現金で残りは商品券で支給する計画だった。

政府は後に、地方自治体が現金でのみ利益を提供できるようにすることにした。 野党はバウチャー発行が莫大な追加費用をもたらし、現在コロナ19追加ワクチン接種を準備している地方自治体に負担を加重させると主張した。

間違った情報とあまりに多くの情報が共存する時代に 良質のジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読すると、物語を正しく理解するのに役立ちます。

今購読

フォトギャラリー(拡大するにはクリック)

READ  PERE Japan Forum Virtual Experience 2021で基調講演するColony CapitalとDigital Colony

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close