経済

岸田文夫日本首相、ファンデミック(世界的大流行)経済回復計画発表

2021年11月10日、日本東京で開かれた衆議院本会議で首相職が確定した後、執権与党である自民党岸田文夫首相(3-L)が首相に選出された後、拍手をしている。

チャーリーツリーバロ AFP | ゲッティイメージ

岸田文夫日本首相は先月総選挙で執権自民党(自民党)が過半議席を確保した後、ファンデミック(世界的大流行)経済を復活させるための計画を水曜日に概括する予定だ。

今週公営放送であるNHKが実施した世論調査で、原発記念都市広島から来た優しい言葉を言う元銀行家に対する選挙後、支持率が政府支持率を53%に引き上げた。 2週間前の支持率は46%でした。

水曜日の夜の記者会見で自身の計画を発表する予定の岸田首相は、財政改革後に成長を蘇らせることが緊急の課題だと強調しました。

30兆円(2,647億ドル)以上の価値があるかもしれない計画された経済扶養策、高い予防接種率および少ない感染と組み合わせた堅固な等級は岸田が党で自身の権力基盤を固め、長く持続した彼の前任者の菅吉秀の運命を避けるのに役立ちます。 職場生活だけ1年。

水曜日、岸田議員は下院で自民党が465席のうち261席を占めた議会で再選されました。 投票は政党と連合パートナーの議会で優位を占める形式だった。

日本で首相は国会議員が選ぶ選挙ではなく、国会議員が選ぶ。

岸田首相は先月9月、菅賀の辞任で触発された自民党最高経選で勝利した後、初めて議会に選出された後に発表された以前のラインナップの長官の一人を除いてすべて再選任する予定だ。

1つの変更は、岸田外務大臣が主要当職に移動したモテギの豊水に取って代わると予想される別の自民党ヘビー級前文武商である林正正(Yoshimasa Hayashi)に置き換えられると予想される。

岸田の大臣のほとんどは、新しい人々に機会を与えるという彼の約束に基づいて、以前の内閣の経験はありませんが、ほとんどの重要な役職は、保守的な元首相の安倍晋三または元財務大臣のダロ党の同盟者に戻りました。 阿蘇

安倍首相の記録的な長期執権に続き、自民党内の保守派の立地をさらに強化するため、元首相が水曜日自民党の最大の党首席を買収することに合意したと国内メディアが報道した。

選挙を控えた岸田は、11月19日の試合扶養策を通過させ、今月末までに支出を充当するための追加予算を通過させようとする野心的な議題を設定しています。

計画された扶養策の一軸は、18歳以下の子供に現金10万円と商品券を支給することであり、これに対して連合は水曜日に年間所得限度を960万円と合意しました。

火曜日の岸田首相は、経済成長と富の分配の「好循環」を達成するために、民間部門投資と仮処分所得を増やして経済を正常軌道に上げると誓った。

彼は医療システムを再編し、コロナ19感染の次の波からよりよく保護するために追加の注射を提供したいと述べた。

READ  日本の銀行の黒田晴彦、中央銀行の気候リスクに対する措置を促し

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close