経済

岸田文夫日本首相、経済ポピュリズムの試み

アベノミックスは日本経済に活力を吹き込む魔法の道具とされた。 しかし、9年と数人の首相が過ぎた後も、成長は依然として不振であり、富の格差は大きくなりました。 新たに選出された岸田文夫首相は、不平等に対する公衆の怒りが大きくなると、現金を提供し、潜在的な成長部門を強化し、企業が長期間停滞した賃金水準を引き上げるように賭けるというポピュリズム経済政策を打ち出しました。 アイデアには魅力がありますが、ほとんどの専門家が同意する経済における国の大きな役割は、成功するために政府の介入が必要ではないことに同意します。

岸田が「新資本主義」や相違のないこのプログラムは、賃金引き上げの有無によって企業に税金インセンティブを提供し、場合によっては過怠料を課すこともある。 彼の目標は、執権1年を少し超えた前任者である菅吉秀のような回転扉首相になることを避けることです。 シュガーの運命も例外ではなかった。 2006年以来、7人の日本首相が執権1年をはるかに超えていなかった。

岸田は自分を差別化するために、二つの別々の任期、9年の在任期間で1年の呪いを(2回目の試みで)壊すことに成功した元指導者安倍晋三のアベノミックスに背を向けました。 2020年に辞任する前に条件を遵守する必要があります。 キシダの動きは普及した支持を受けています。 中 調査 2021年10月、日本の支持通信によると、回答者の62.5%がアベノミックスを見直さなければならないと答えた反面、同じ道を行かなければならないと答えた人は14.7%に過ぎなかった。 アベノミックスが株式市場の上昇と強い企業利益で日本経済の最上位階層に活力を吹き込んだが、低賃金職員と小規模企業はほとんど遅れていた。

アベノミックスは日本経済に活力を吹き込む魔法の道具とされた。 しかし、9年と数人の首相が過ぎた後も、成長は依然として不振であり、富の格差は大きくなりました。 新たに選出された岸田文夫首相は、不平等に対する公衆の怒りが大きくなると、現金を提供し、潜在的な成長部門を強化し、企業が長期間停滞した賃金水準を引き上げるように賭けるというポピュリズム経済政策を打ち出しました。 アイデアには魅力がありますが、ほとんどの専門家が同意する経済における国の大きな役割は、成功するために政府の介入が必要ではないことに同意します。

岸田が「新資本主義」や相違のないこのプログラムは、賃金引き上げの有無によって企業に税金インセンティブを提供し、場合によっては過怠料を課すこともある。 彼の目標は、執権1年を少し超えた前任者である菅吉秀のような回転扉首相になることを避けることです。 シュガーの運命も例外ではなかった。 2006年以来、7人の日本首相が執権1年をはるかに超えていなかった。

岸田は自分を差別化するために、二つの別々の任期、9年の在任期間で1年の呪いを(2回目の試みで)壊すことに成功した元指導者安倍晋三のアベノミックスに背を向けました。 2020年に辞任する前に、条件を遵守する必要があります。 キシダの動きは普及した支持を受けています。 中 調査 2021年10月、日本の支持通信によると、回答者の62.5%がアベノミックスを見直さなければならないと答えた反面、同じ道を行かなければならないと答えた人は14.7%に過ぎなかった。 アベノミックスが株式市場の上昇と強い企業利益で日本経済の最上位階層に活力を吹き込んだが、低賃金職員と小規模企業はほとんど遅れていた。

執権自民党で依然として強力な人物として残っている安倍に挑戦するのは危険な戦略だ。 しかしKishidaは経済政策を成長からプロセスに方向を変える試みで機会を見ています。 「Abenomicsは、国内総生産(GDP)、企業所得、雇用の面で明らかに結果を提供しました。 しかし「善循環」を作る地点には到達できなかった」と岸田氏は言った。 2021年10月のインタビューで と一緒に ファイナンシャルタイムズ。 山城と大志郎経済復興賞は「アベノミックスに不足している部分があることを知っている」と話した。 記者に言った 同じ月。 「トリックダウン方式には制限があり、一部はボトムアップで行う必要があります。」

いくつかの画像構築は明らかに必要です。 公的な性格が制限された元外務上の木田は、10月に自民党指導部選挙で妥協候補に執権し、自由党と右翼の両方の入札を遮断しました。 初期評価は特に良くなかったが、 最初の投票 彼の内閣支持率は40%で、過去20年間ですべての政権の中で最も低かった。 それ以来、その数値は約60%に増加しましたが、日本の大衆は指導者を評価する方法について気まぐれで悪名高いです。

経済パッケージの多くは、国家GDPの約10%である合計56兆円(約4900億ドル)に達する巨額の資金を投入することと関連があります。 目標は、半導体、デジタル化、グリーン技術の分野で日本の成功の栄光を取り戻すことです。 焦点の1つは「経済安全保障」(「中国ではなくここで製品を作ろう」というコード)であり、キシダはこの計画を主導する新しい政府大臣を任命し、これは具体的な措置が続くという確かな信号です。

有権者を喜ばせるキャンプで、キシダはまた、お子様がいるすべての家族に対して100,000円(約870ドル)の支払いを約束しています。 政府の巨大さは決して岸田の発明ではありません。 以前の政権は一生懸命投資し、補助金を支給し、日本を世界で最も高いレベルの政府債務の一つにした。

しかし、岸田の最大の課題は内需増加による経済成長にある。 企業の利益が増加すると、賃金が増加し、支出が増加します。 これは、ほとんどの経済では基本的ですが、日本では達成するのが難しい目標であることが証明されています。

1990年頃、いわゆるバブル経済が崩壊して以来、日本は経済的タイムワープに陥っていた。 それはまだ繁栄し、収益性がありますが、アジア全体と実際に残りの世界で見られた成長速度に追いついていませんでした。 最も顕著な事実は、日本の賃金がほとんど変わらなかったという事実です。 政府データによると、名目賃金は2012年から2020年の間にわずか1.2%上昇しました。

一方、日本企業はとても上手です。 企業利益 最高記録まで上がった 2018年に始まり、現在コロナウイルスによる低下からほぼそのレベルに戻ってきました。 利益剰余金(現金とほぼ同じ)が増加しました。 6兆5000億ドルと推定 これを成長建設にとって破壊的なものと見なすのはポピュリストだけではありません。

日本経済研究院の選任エコノミストは「アベノミックス以降の持続的な景気拡大にもかかわらず、政府の2%以上の経済成長と2%以上のインフレ目標は実現されていない」と話した。 Yosuke Yasui said 2021年3月のレポートで。 「さまざまな要因を考えてみることができるが、日本企業が賃金支給と資本投資を十分に転移せず、現金と預金で創出した付加価値を積み重ね続けることが最大の要因」と話した。

日本中央銀行である日本銀行が経済に莫大な現金を投入したが、全体経済成長に大きな打撃を与えたり、デフレ事故を終結させることに失敗した。 グローバル政策立案者は、急激にサプライチェーンのインフレが経済のより永久的な部分になることを心配しながら、日本の反対問題であるデフレの心理学を研究することをお勧めします。 このような環境では、企業と個人の両方が現金ホーダーになりました。 コロナ19が迫り、政府が支給した現金は主に銀行貯蓄預金に流れた。

経済学者は、新しい現金支払いや賃金引き上げのための税インセンティブが実質的な影響を与えると懐疑的です。 安倍首相は、任期中に企業に賃金の引き上げを圧迫しようとしたが、リップサービスや大企業の一部のトークン支払い以外にほとんど変化はなかった。 デフレマインドが支出に影響を与えたように、日本の労働は金銭的利益よりも雇用安定を選択した。 取締役会の観点から見ると、ただお金があるからといって、従業員が実際に疲れて出発する可能性がほとんどない場合、従業員にお金を使うべきという意味ではありません。 日本では米国企業をさらっているいわゆる大きな辞任の兆しはありません。 コロナ19によって、日本の労働者はより慎重になりました。

多くの経済学者にとって重要なことは、労働市場や政府の圧力ではなく、より高い賃金がより大きな経済的価値の結果として現れるように職業生産性を高めることです。

日本経済専門家のマーティン・シュルツ(Martin Schulz)産業グループ富士通(Fujitsu Ltd)のシニア政策エコノミストは「安倍は岸田がもはや支援しなくなった企業領域で多くの微視的改革を行った」とし「これは生産性向上が企業を挫折させる」だから企業を挫折させる」と話した。 達成」と彼は急速に高齢化する日本の構造的逆風を指摘した。

Kishidaは、すでに金庫でお金を配布することがすでにある人からそれを再配布するよりもはるかに簡単であることを発見しました。 彼が最初に支出に必要なお金を回収するためにより高い譲渡所得税を払わなければならないというアイデアを出したとき、株式市場は8取引日連続下落し、そのアイデアを素早く反転しました。 そして、賃金インセンティブに対する強力な雇用主団体であるKeidanrenは、すでにCOVID-19のために困難な時期を経験している中小企業にこれらの措置を強制すべきではないと反対の意思を示しています。

しかし、これらの企業を除くと、最も助けを必要とする人々が危機に瀕している可能性が高くなります。 これらの小企業は国内雇用の70%を占めています。 土一バンクのシニアエコノミストであるKentaro Koyamaが指摘したように、中小企業の60%以上が毎年損失を報告して今日税金を払っていないため、中小企業が提供する税金減免にほとんど関心がありません。 彼はまた、安倍プログラムの恩恵がほとんどない政府の研究を指摘しました。 彼は2021年10月、顧客に送ったメモで「私たちはそのような措置の効率性と必要性​​に疑問を提起する」と書いた。

安倍 意外と意外だった 新政府は先月、岸田が根本的な方向を変えてはならないと言いながら、彼の代表的な経済プログラムに軽蔑を注いでおり、岸田の経済政策が社会主義プログラムとみなされれば市場は「非常に否定的に反応する」と付け加えた。

他の人には、経済を規制する中央銀行の役割について言うように、パーティーが始まるとすぐに待機してパンチボールを奪うことができるという懸念があります。 日本は2019年、起業家の面で63カ国のうち最下位を記録する遅い変化速度に対してしばしば批判を受けてきたが、認識も変化すると見られる。 ペンシルベニア大学のワットンスクールとコンサルティング会社であるBAV Groupが2021年に行ったある調査では、実際に日本を 世界でビジネスを始めるのに最適な場所、日本のほとんどの外国の経営陣を驚かせる区別。

しかし、堅いデータは、起業家精神が高まっていることを示唆することもあります。 日本買収合併誌の数値 MARR 2021年の日本企業に関連する取引が4,280件で、2020年より14.7%増加し、2012年から2019年まで上昇傾向を再開しました。 私は安倍の企業支配構造改革推進がそのような面で導火線に火をつけたと思う。

キシダが直面している重要な質問は、彼が財政的報酬の一部を奪うことによって、リスクを減らし続けることができるかどうかです。 どこでも起こることができれば、おそらく日本だろう。

Kathleen Benozaがこのレポートに貢献しました。

READ  [시승 프레]アストンマーティン初のSUV「DBX」ラグジュアリー&スポーティな "らしさ"いっぱい/ - Car Watch

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close