経済

岸田文雄首相「アベノミクスで遠ざけたい」

日本の新しい首相は、ほぼ10年間の経済を定義したアベノミクス(Abenomics)プログラムに基づいて、自分の党が、より大きな成長を提供していなかったと非難し、日本を新自由主義的原理主義で遠ざけ約束しました。

今月の日本の執権以来、初めての国際メディアとのインタビューで、岸田文雄(Fumio Kishida)はフィナンシャル・タイムズ(Financial Times)に規制改革がまだ必要ですが金持ちと貧しい人の間のギャップを減らすのに焦点を合わせてアクセスすると言いました。

“Abenomicsは国内総生産(GDP)、企業の所得や雇用の面で明らかに結果を提供しています。 しかし、それは「好循環」を作るポイントに到達できませんでした」とKishidaは、両方の前任者が採用したプログラムのために二重の価値上昇を介して東京株式市場を推進したプログラムについての激しい攻撃をしました。

「特定の層の所得ではなく、より幅広い層の所得を高め、消費を誘発する好循環構造を作成したい。 私はそれが新しい形の資本主義が過去とどのように異なるのかについての鍵と信じている」と付け加えた。

日本で「新自由主義」は、緊縮財政政策と公共支出削減というよりは、規制緩和、民営化、労働市場の改革を含む、1990年代と2000年代の改革を最もよく指す。

岸こと2020年9月に辞任した日本最長寿首相安倍晋三を暗黙的に批判することにより、10月31日の総選挙を準備しながら、計算されたリスクを甘受している。

最近の世論調査によると、彼の平均支持率は50%をわずかに越えるが、これは執権当時のほとんどの前任者よりもかなり低かった意味のある改革を実施するための新婚旅行の期間が短いこと、信号と政治アナリストは言いました。

Fumio Kishida

©Shoko Takayasu / Bloomberg

現在の役割

菅義偉後任自民党代表に選出され、今月首相に就任

教育

早稲田大学

前の役割

外相と国防長官。 また、自民党の47人のコーチカイ派閥を率いています。

政治以外の職業

過去日本長期信用銀行(現新生銀行)

ポリシーおよび性質

コロナウイルス関連景気刺激策と攻撃的な金融政策の継続を約束しながら、より公平な富の分配を要求しました。 先に「慰安婦」問題の解決のための交渉をしたが、2015年に韓国との合意が決裂した。

菅義偉前外相が自民党代表に選出された。 彼は、「現状維持」の安定性と継続性を提供することを理解に基づいていた。

これらの画像を削除しようとするにもかかわらず、彼は株価が急落した後、資本イドゥクセ印象のための主要政策の計画のいずれかを既に撤回しました。 そのような動きが個人の国内投資家の最近の関心回復を妨害するという懸念からです。

Kishidaは、企業が賃金を引き上げて看護師と介護者の給与を引き上げさせる税制優遇措置を含む彼の新しい経済アプローチが日本の政策決定を導いた「落水」の理論と市場主導の改革の失敗を戻すとしようとすると強調しました。 2000年代半ば。

「すべての人々は、市場原理主義、競争および適者生存の観点から規制改革を検討します。 それ規制改革に対する私たちの過去の思考の問題です。」とKishidaは言いました。 彼は、企業や公共経済のより総体的なビジョンを共有することを促しました。

彼はまた、経済安全保障に重要なチップと希土類のような戦略的資産と技術を確保するために、国と民間部門との間の緊密な協力を構想しています。

岸田総裁は「将来の成長を考慮すると、自給自足経済を確保することが重要である」と述べた。 「私たちは、日本がグローバルなサプライチェーンを完成するために重要な技術を保有していることを確認する必要が私たちが不可欠結成を達成することができます。 “

岸田首相は積極的な通貨緩和と財政刺激策とアベノミクスプログラムの柱になってきコーポレートガバナンス改革についての新しいアプローチを取ることもあることを初めて公に明らかにした。

日本は2015年に最初のコーポレートガバナンスコードを導入したがKishidaは、中小企業のニーズを解決するために、別のコードが必要な場合があると言いました。 “のようなルールを適用することは現実的ではありません。 コーポレートガバナンスは、中小企業に重要ですが、大企業のようにすることはできない」と説明した。

企業の経営陣は、アベノミクスのほぼ9年の間に強力な普及している支持にもかかわらず、日本がデフレから脱して厳しく規制されている市場を開放するために失敗したという点を指摘し、新首相の経済議題について非公開で会議を表明しました。

Kishidaはまた、前任者よりもより複雑な地政学的環境に直面しています。 中国の主張が増加してコロナウイルス感染症に起因する混乱に基づいて国のサプライチェーンを確保するための全世界的なラッシュが発生します。

岸田首相は、米国、英国、オーストラリアと中国に対応する能力を強化するために発足した新3カ国の安全保障パートナーシップについて質問したとき、日本はこのフレームワークに参加する具体的な計画はないと述べた。

しかし、彼は「地域の安定を考慮すると、ヨーロッパとアメリカの国々が、アジアの安全保障環境に関心を持って参加することが非常に重要である」と付け加えた。

岸田首相は、歴史的に、中国のハト派的な立場を持っている自民党の党首が首相として、中国のミサイルやその他の防御能力を強化しなければならないと主張しました。

次の選挙で与党は初めて国防費を倍増させるという宣言が含まれてたが、これは国防予算をGDPの1%以内に維持するという長年の伝統から抜け出すためのものです。

Kishidaは最近、北京の「不審な行動」に言及する前に、「経済的側面から、中国との関係を安定させることが重要です。」と言いました。

それで日本は政治的な次元で、中国の断固自分を主張することができなければならない」と述べた。

READ  日本の株式市場は、経済不安、円高で下落

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close