経済

岸田日本の首相候補、景気浮揚議論延期ウォン

岸田文雄自民党議員兼前外相が2021年8月26日、日本東京で開かれた記者会見で、自民党の大統領選挙出馬を宣言している。 REUTERS / Issei Kato / File Photo

東京、9月5日(ロイター) – 菅義偉日本の首相の後を継ぐ主要な競争相手である岸田文雄(Kishida Fumio)が日曜日、自分が提案した景気浮揚策の資金調達についての議論は、今年末の総選挙後にまで待たなければならないと述べた。

前外相の発言は先週シュガーの突然の辞任後、首相の選挙運動期間中に経済政策が後退に陥って、次の会計年度の予算編成が遅れることのリスクが高まるを強調する。

岸田首相はTV番組で「刺激策のアイデアの一般的な方向を提示するものであるが、政府が詳細な計画を要約することは容易ではないだろう」と述べた。 「パッケージの資金をどのように調達するか…総選挙が終われば議論されるでしょう。」

シュガーは、金曜日サプライズ発表で自民党代表として再選に出馬しないと述べた。 自民党が多数党であるため、党代表が首相になる。

開かれた自民党の予備選挙の勝者は11月28日までに総選挙をしなければならない。

シュガーの辞任は、彼代替候補が登場し、経済政策の見通しの不確実性を高めました。

岸田首相は、日本で第4の波に急増しているコロナウイルス大流行の打撃を緩和するために、数十兆円(数千億ドル)相当の支出パッケージを構成すると言いました。

総選挙の時期に応じて、予算と追加のファンデミク救済支出計画の草案作成手順に影響を与える可能性があります。 政府は、一般的に数ヶ月間の準備の末、12月末に予算を編成して、会計年度が始まる4月に開始される前に、1月に制定のために議会に提出します。

Leika Kiharaの報告; ウィリアムはいけないド編集

私たちの基準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  オリンピックを超え、日本の長期的な価値に

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close