トップニュース

岸田日本首相、寺田内務上解任

東京、11月20日(ロイター) – 岸田文夫日本首相が寺田美琴内務賞を解雇する計画だとメディアが日曜日報道した。

岸田の支持率は去る7月、安倍晋三元首相が暗殺された後、執権自民党政治家たちと一部批評家たちが異端と呼ぶ集団である統一教との深く長い関係が明らかになった後下落しました。

テラダ首相が退職すると、最近の世論調査では支持率が30%未満に維持され、政治的議題を実施するのが難しいレベルの窮地に追い込まれた首相をさらに弱めることができます。

木田は、土曜日の今週から始まる議会予算の議論で、自民党への影響を減らすための党内の圧力が増加するにつれて、テラダを追い出すことを決めたと読売日刊が語った。

日曜日、総理室で報告書についてコメントできる人は誰もいませんでした。

いくつかの資金調達スキャンダルで非難されているTeradaは、彼の支援グループの1人が、表面的に死んだ人が署名した資金文書を提出したことを認めました。 予算案議論を控えて彼の辞任を要求する声が高まっている。

木田は土曜日、バンコクで開催された記者会見で、必要に応じてテラダの決定を下すと述べた。

首相は日曜日の午後、顧問との会合を持っていたと報道機関が報じた。

岸田首相は安倍首相がユーセ過程で銃殺されてから数日で自民党を選挙勝利に導いた後、2025年までに総選挙が不要な「黄金3年」を享受すると広く予想されています。

安倍の殺害容疑者は、母が統一教によって破産し、これを助長した安倍を責めたと述べた。 自民党は、多くの議員が教会に関連しているが、党と組織的なつながりはないと認めた。

有権者の大多数はまた、9月末に行われた安倍の局長を取ることにした岸田の決定に反対しました。

山城と大代経済再生上は宗教団体との軟膏のため10月24日辞任し、岸田は状況処理が遅れて不器用だったと有権者たちの批判を受けた。

11月中旬、ハナシ・ヤスヒロ法務上が自身の業務責任を軽視する発言、特に死刑執行承認を拒否した発言で辞任したのも被害が大きかった。

報告:Elaine LiesとKantaro Komiya; Chris ReeseとWilliam Mallardによる編集

私達の標準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  日本は税インセンティブと大規模オープンアートスペースを通じて世界クラスのアートフェアを東京に誘致しようとしています。 ギャンブルは成功するでしょうか?

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close