経済

岸田日首相、寺田内務上硬質予定

東京:岸田文夫日本首相が寺田みのる内務上を解雇する計画だと読売新聞が日曜日報道しました。

岸田総裁は、3月までの会計年度の第2次追加予算が今後の議会会期への影響を減らすために、党内圧力が大きくなると土曜日のテラダを追い出すことを決定し、日曜日の補佐官と手続きを議論すると読売は述べた。 。

テラダは、いくつかの資金調達スキャンダルで非難を受け、彼の支援グループの1つは、表面的に死者が署名した資金文書を提出し、今週に開始される予算審議を控えて彼の辞任を求めていることを認めた。

彼の離脱は最近、いくつかの世論調査で支持率が30%未満に保たれ、政治的議題を実施するのが難しくなる水準である岸田をさらに弱めることができます。

岸田は土曜日、バンコクで開かれた記者会見で必要に応じてテラダに対する決定を下すと述べ、「閣僚は説明する義務を果たさなければならない」と付け加えた。

去る7月、執権自民党(LDP)を選挙勝利に導いた岸田は2025年まで総選挙をしなければならない’黄金3年’を享受すると広く予想された。

日本、ポーランドの爆発に「深く懸念」

しかし、彼の視聴率は、安倍晋三元首相の暗殺以来、一部の批評家がカルトと呼ぶ団体である統一教会とLDP会員との深く、長い絆関係が明らかになった後、打撃を受けた。

殺人容疑者は、彼の母親が教会によって破産したと言い、教会を宣伝したことについて安倍を非難しました。 自民党は、多くの議員が教会に関連しているが、党と組織的なつながりはないと認めた。

有権者の大多数はまた、9月末に行われた安倍の局長を取ることにした岸田の決定に反対しました。

山城と大代経済再生上は宗教団体との軟膏のため10月24日辞任し、岸田は状況処理が遅れて不器用だったと有権者たちの批判を受けた。

先週、花市康弘法務上が自分の業務責任を軽視する発言、具体的に死刑執行を承認した発言で辞任したことも、被害をより大きかったです。

READ  奇妙なニュース検挙:暗号通貨の助けを借りて日本に輸出されたコロンビアカブトムシ。 コロンビアカバのための避妊法:避妊用ダーツなど

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close