経済

岸田首相はロンドン市に「日本は買収」と話した。

  • 岸田、日本経済のビジョン提示
  • 日本は不安定な世界で頭角を表現できると言う

ロンドン、5月5日(ロイター) – 岸田文夫日本首相は、木曜日ロンドン市の銀行家と投資家に外国人投資を訴え、資本主義のアップグレード版への転換が経済成長に拍車をかけると述べた。

イギリスの金融地区の中心部にある中世のギルドホールのスピーチで、キシダは民間部門の投資を誘致し、富の再分配を通じて世界で3番目に大きな経済を成長させるという計画を明らかにしました。

日本は世界中の国と同様に、エネルギー、食品、生活費の上昇で打撃を受けており、円がドルに対して20年最低水準で取引されている間、経済は第1四半期に徐々に鈍化すると予想されます。

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

地政学的不安定の世界で、キシダは日本が頭角を表現できると述べた。

海外直接投資額を現在43兆5000億円から2030年には80兆円(6170億ドル)、GDPの12%に2倍に増やし、企業が賃金を引き上げ、研究開発にもっと投資するように励ますと約束した。

彼は「もちろん日本は多くの課題に直面している」と話した。 「しかし、私はこのような挑戦に正面に立ち向かうための改革努力を導く準備ができています。

「継続的な成長、安定した市場、安全で信頼できる企業、製品、サービス。これが日本が「買収」である理由です。」

昨秋の総選挙で勝利し、首相になった岸田はロンドン市で演説し、ボリスジョンソン英国首相に会うためにロンドンに到着するまで東南アジアを長期間訪問した。

経済に関するスピーチでは、彼は、国家が労働力不足を含む課題に直面していることを認め、企業がより多様化する必要があると述べた。

彼は、政府が民間部門の賃金引き上げを奨励するために税インセンティブを導入し、国際水準に達するには追加の研究開発投資が必要だと述べた。

円安は一般的にインバウンド旅行者にとって利益になるだろうが、日本はCOVID-19を恐れて観光客に国境を閉鎖した。

日本の貿易依存度の高い経済が扶養された後、円安は多くの日本企業が生産を海外に移転することによって輸出業者にも多少利益となりました。

政府は最近、支出回復が予想されると4ヶ月ぶりに経済評価を上方調整したが、展望がぼやけていると警告した。

($1 = 129.7100円)

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

ロンドンのKate HoltonとWilliam James、TOKYOのTetsushi Kajimoto; Catherine EvansとHugh Lawsonによる編集

私達の標準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  日本最高の石炭発電会社は、新しい発電所の計画廃棄

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close