エンターテインメント

嵐が「団体写真 “プロデュースロング座談会で話を交わした”私は見ている嵐の風景」とは| ORICON NEWS

人気グループが登場した女性ファッション誌「with」1月号(27日発売・講談社)の表紙写真が公開された。 巻頭特集は「この5人だからこそ可能なこと」を強く意識した撮影でメンバー一人一人が5人の集合写真1カットごとにプロデュースした「嵐らしさ」と「ポップ暖かさ “が凝縮されたフォトストーリーが完成した。

雑誌では、5人の姿を「今見せたい最高の形」で提供しようと、今回のテーマは「4人+や= 5人の嵐 “部屋に見立てたコンセプトスペースに設けたドア、バスタブ、ベッド、椅子、はしごや電球と5種類の真っ白なセット。 各セットの製作担当、このメンバーは、正確かつ精巧に他の4人を演出して「これぞ嵐!」の写真が次々と撮り下ろした。

少し高級感のある椅子が置かれたセット撮影ではなメンバーのプロデュースにより、誰一人が「王感」いっぱいの椅子に座りたいもの。 「じゃあじゃんけん!」と5人の小さなリングが位置決めじゃんけん報スタート。 最後は二人が「センター」位置決めの決戦が王子が決まった瞬間のメンバーも「おお!」 「なるほど」と感嘆の声を出すの結果。 王座を手に入れたのはどのようなメンバーであるか、そして4人はどんなポーズロイ王を迎えたのか…

すべてのカットが嵐センスと圧倒的なチームワークを感じることができる非常に特別なものになって、見ているだけで5人の会話が聞こえてきたような、ここまで思わず笑顔がこぼれてしまうような写真が多数掲載されている。

今回withの「嵐特集」は、文化雑誌で長い嵐と向かい合ってきた上田智子氏がディレクターとのインタビューに迎え「今すぐ戻って伝えたい嵐の魅力」を意識したチームを結成。 世界に飛躍をなす大きな存在となった嵐の完全なエンターテイメントはもちろん、いつまでも変わらず “キュッ”とメンバー同士向き合っ楽しくしている5人の姿、その普遍的な光を適切に伝えたい – 。 そんな思いから作られた嵐だけの特別な世界。 写真はもちろん、インタビューでも5人の「嵐らしさ」がいっぱいになった。

インタビューはすべて5人全員による座談会のテーマは、「私は見ている嵐の風景」のメンバーしか見ることができない」4人の嵐 “に焦点を合わせてデビューから21年の間に「特に印象に残っている4人の姿+自分”の様々なエピソードを交えながら、絶え間ない笑いと話を交わした。 総ボリュームは約1万4000人の多く懐かしい話で誠実な嵐に心まで込められた「スーパーロング座談会」となった。


READ  タカラトミー「無効なツイート」リンゴの議論の「リカ個人情報を公開 "公開または:J-CASTニュース[전체보기]

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close