エンターテインメント

嵐の人気ヒ・ミ・ツちょっと学業に:東京新聞TOKYO Web

「アラフェス2020at国立競技場」で(左から)松本潤、相葉雅紀、二宮和也、大野智、櫻井翔=東京国立競技場で

男性アイドルグループ「嵐」が年内に活動休止する。 デビューから20年現在、5人のTVで見ない日がない。 そんなトップスターに上がった希代のグループの軌跡を振り返り、国民的ともいえる人気の秘密にいくつかの学業に迫った。 (小原健太)

「二十一年。大変なことだと思いました。誰もが嵐を今まで育ててくれました。」 グループのCDデビュー記念日でもある十一月三日最初の配信のライブを終えてリーダーの大野智はファンに感謝を伝えた。 言葉には、「冬の時代」を知っている嵐だから重量がある。

嵐がジャニーズ事務所のグループでデビューしたのは1999年。 鳴り物入りでデビューしたが、なぜか人気は成長できず、ライブも空席が目立つなど、グループのあり方を模索する日々が続いた。 電気は二百五年松本潤が出演したTBS系ドラマ「花より男子(だんご)。 「高い視聴率に支えられ、嵐の認知度が一気に高まった。続編の主題歌「Love so sweet」は、大ヒットグループの代表曲となった。

2000年11月CDデビュー1周年を祝う嵐

2000年11月CDデビュー1周年を祝う嵐

同じ男性アイドルグループでSMAPと比較される。 SMAPも木村拓哉のドラマ出演をきっかけに中断したが、ホセ・梨大社会学稲増タツオ教授によると、その運動は正反対である。 「SMAPはメンバー一人一人が個性を生かし、グループ外の活躍の場を広げて画像。一方、嵐がグループに入って行った “

六年クリントイーストウッド監督が製作した映画「硫黄島からの手紙」に二宮和也が出演した時のエピソードが象徴的である。 会見で俳優としての意見を求める海外記者に二宮は「私は俳優がない。5人でグループをしている日本のアイドルである」と繰り返した。

アイドル文化に精通している社会学者太田省一嵐」決まったセンターがないフラット集団の関係」に注目する。 〇〇年以降格差が挙げて「日本と縁が貴重なものと考えることができるようになった」と指摘した。 嵐のグループ(=友達)を大切にする姿勢が幅広い層の支持につながったとみている。稲増は「大野くんがリーダーであるが良かった。 ” 歌と踊りに優れたながらも寡黙な小野他の4人が立てる構図になって一体感が高まってみる。 その中で、個人の活動も拡大した。

音楽面では、「国民的ヒット曲」がなかった。 SMAPの3百万を突破した「世界に一つだけの花」などがあるが、嵐のシングルは今年七月に出てきた「凧」が初のミリオンヒット。 太田は「音楽以上に作家自身を支持する時代になった」と述べた。 ドラマやバラエティでアイドル活動の幅が広がりものの接点が多様化。 楽曲の認知度がアイドルの支持を測定する絶対的な指標はなくなった。

稲増は「爆発的なヒット曲がなかったのは、むしろ息が長くなった」と推測。 メガヒット曲は後続曲と比較される。 「やっぱりこの曲は最高」という世間の印象は、同時に「絶頂期」の存在を意識させることにもなる。 「嵐」はまだ上がいる。 開発だ」と考えるように続けた。 “

一球年月の人気が高く、継続での活動休止を発表。 会員の退会申請の「この5人でなければなら嵐はない」と、電源が決定した。 その後も全体五公演で計230 75000人を動員した二十周年ライブツアーなど走り続けてきた嵐の節目の瞬間が近づいてくる。

ファンと交流することができるライブを何よりも大切にしてきた5人。 今年は特別な思いがあったのだが、十一月のライブはコロナ災害無観客配信。 終了後、松本は悔しさをにじませた。 「多た感じがない。いつになるかわからないが、機会を待ちたい」 また、5人の両方に会える日をファンは待っている。 (本文敬称略)

◆今はただ感謝し、ファン10年の男性記者

ファンクラブキャリア10年以内(33)が、嵐を意識始めたのは、東京大学に行くの周りの優秀で当惑した頃だった。 TV番組で「とちゃわしまい “(仲良く)している、彼らは眩しく見えた。 2014年の記者がされた後でも、休暇を利用して、札幌と福岡などでライブに参戦した。

嵐は透明な舞台がアリーナの観客の頭上を通過する「ムービングステージ」=写真は2006年8月には、横浜市=を “世界初の導入」などのファンを楽しませ、研究を重ねてきた。特に15年以降に常連化した「ファンのペンライトのリモート個別制御」に驚いた。 光がそれぞれの座席と連動する仕組みを導入して、客席全体を「電光掲示板化」ファンとするライブ印象を残した。

活動休止に際し、約2年の準備期間を設けたように、嵐のファンポストゥウル固守してきた。 私は学生時代相葉雅紀主演の映画にエキストラ参加している。 厳冬の早朝撮影を超えたエクストラ控えところ相葉は足を運び、「寒さに早朝から長時間にわたりありがとうございます」と声をかけてくれた。

このような私新聞社に入ったのは「嵐に会えるかも」という考えから。 それは回り回って、昨年秋から芸能記者をしている。 おそらく人生で彼らに影響を受けた人は他にも多いだろう。 11月に配信ライブ後櫻井翔は「想像もしなかった見通しに着くことができる。あなたが腰を強く支え続けてくれたから」とした。 こちらこそ言いたい。 ここまで連れて行ってくれて、ありがとうございます。


READ  オリンピック - バスケットボール - 日本の女性、フランス破り初東京優勝

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close