技術

川崎HI、日本で最新のロボット技術を紹介

川崎重工業は東京で開かれた産業用ロボット展示会で、工場外でも人のように働くヒューマノイドロボットを開発して注目を集めた。 これは、高レベルの空間で動作するようになっているヒューマノイドロボットです。

「川崎重工業は、1968年にアメリカのユニフォームから許可を受けて産業用ロボットを生産した日本初のメーカーです。それ以来50年以上の歴史を持っており、非常に長い歴史」と川崎重工業の西ji Amazawa代表は語りました。 「遠隔社会の安全とセキュリティと将来のモビリティという2つの分野でロボット工学技術を訴えるグループビジョン2030を持っています。や手術支援ロボット」とAmazawaが語った。

「開発過程全体で様々な医師の意見を収束しながら、医師のニーズに応える操作性を備えたロボットを開発しています。現在まで約150件以上の手術に使用されています。PCR検査を自動化する検査システムがあります。 Amazawaは「ロボットでコロナファンデミックから人間の作業に取り込んだサンプルを自動的に検査し、結果を非常に迅速に受けることができる」と付け加えた。川崎重工業も工場ロボットを遠隔制御するシステムを開発している。

Amazawaは、「リモートワークショップのオペレータがロボットを操作して作業できるという概念のプラットフォームを提供します。これは簡単なデモです。私たちは2色のボールを分類します」と述べました。 Amazawaは、「今回は家庭のリビングルームで工場のロボットを作動させるなど、遠方で作業できる体験デモンストレーションを提供しています」と述べました。

「グローバルロボット業界では、世界市場の90%が日本外にあるため、中国、アメリカ、ヨーロッパなど海外市場に集中しています。今回の展示では、私たちはサービスロボットを提案しています。工場に設置して使用します。」とAmazawa氏が説明した。 「産業用ロボットメーカーから総合ロボットメーカーへ」というスローガンを持っています。 こうした総合ロボットメーカーコンセプトは、今回の展示会で様々な配送ロボット、遠隔制御ロボットなど操作ロボットに浸透しています。 ロボットが工場を離れるシーンが多く出てくると信じて、今後は工場外の様々な場所で働くことになるだろう」と天沢は言った。

川崎のロボット技術は、ロボットと人間の共存を目指しています。 (アニメ)

(このストーリーはDevdiscourseの従業員によって編集されておらず、シンジケートフィードから自動的に生成されます。)

READ  iPhone 13に衛星電話接続があるという噂

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close