スポーツ

川村さんの「ありがとうございました」デッド恩人に中村明が節目と勝利 – プロ野球:日刊スポーツ

日本ハムソフトバンクインタビューをソフトバンク中村晃(撮影・佐藤翔太)

<니혼 햄 1-2 소프트 뱅크> ◇17日◇札幌ドーム

川村さん、勝利しました – 。 ソフトバンクが一緒に戦った仲間にリーグ優勝を伝えるために力強く再び出発した。

両軍無得点の9番の選手会長中村晃外野手(30)がルー講習内野安打を放ち、史上308の通算1000安打を達成した。 機会を広げグリッド時アルの決勝打を呼んだ。 前日16日に川村隆3群コンディショニング担当がくも膜下出血のため55歳で急逝。 前日の試合後に死亡を知ったナインがチームユニゾンの戦いで勝利を報告した。

◇◇◇

死んだ恩人のために力強くバットを振り回した。 両チーム無得点で迎えた9回無死ルー。 中村明が塁強襲内野安打でプロ1000安打を達成した。 松田線から受信した記念碑を掲げながら、熱い心を胸に抱いていた。 「本当にみんな大変でしたそしてさらに生きてて良かった…」川村さんの急逝で一晩だった。 前日日本ハムの前後に知られている選手には死亡に触れ臨む最初の試合だった。 中村明がチャンスを広げグリッド時アールが右前に決勝打。 チームの一環として恩人に勝利を報告した。

今季から選手会長を務めている中村明は、プロ13年目に1つのマイルストーンに到達した。 「参加したすべての人々に感謝したい。多くありますね。数え切れないでしょう。」 周りのおかげでは無限ですが、2008年入団時すでにコンディショニングコーチだった川村さんも大切な恩人1人である。 「2軍にいる新人の時からたくさん学び、体を大きくすることができたのも川村さんの指導があり、と思います。今戦うことができるのも、そのおかげだ」とかみしめるように語った。

昨年自律神経失調症と診断された44試合の出場にとどまった。 今季も両膝の痛みで開幕2軍スタート。 困難な時期を乗り越えて、今グラウンドに立っている。 「なぜあんな人が死ななければならないのかというのが率直なところですね。難しいですが、すべて川村さんの分まで頑張って生きてたい。結果が出なかったりするなど、小さなこと。生命だけ何でも可能性は広がっていくと思いますので。」野球の喜びを余分感じが男は「肉​​」という言葉に感謝を表した。

この日のチームは球場入りした後、電源が黙祷を捧げ試合で左肩に喪章で戦った。 ジョンナルヌン涙を浮かべた工藤監督も「これでいいのを見ています」と小さく笑った。[야마모토 대지]

▽ソフトバンク工藤監督(川村氏の訃報から一夜明け) “我々は前を向いて戦うしかなく、川村諸島必ずそれをする与えているのだ。彼の性格を考えてもしっかり野球をして明るく野球をすることが彼に報いるになるだろう」

READ  ロシアがATPカップ準決勝でイタリアに参加し、ホストオーストラリアは生き残る、スポーツニュース

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close