スポーツ

巨人原監督「最後に非常に悔しい」の所有者のレポート – プロ野球:日刊スポーツ

巨人山口所有者シーズン報告をした後、取材に応じ、原監督(代表撮影)

巨人原辰徳監督(62)が27日、東京・大手町の読売新聞東京本社を訪問し、山口寿一所有者(63)に今季の報告を行った。 ソフトバンクとの日本シリーズ4連覇したが、リーグ戦は67勝45敗8分け2連覇を達成した。 所有者との会談後、報道陣に対応した原監督の主な一問一答は次の通りである。

– レポートの内容は、

原監督この未曾有のコロナ災害の中でですね、ジャイアンツを含むプロ野球日程をすべて消化したことについて苦労を称えてくれた。 連覇した部分はもちろん、喜びの形で出てきましたが、最後に非常に悔しいのは、所有者も同じ気持ちで何とかこれシーズン春、活力に努力していくハードアンハヌン話をいただきました。

– 来年のシーズン電力について

原監督は毎年チームというのは変わっていくもの。 チーム編成でどのようなメンバーを決定するかどうかは、これからであり、キャンプが始まった開幕までこのスタイルは変わらないですね。 もう一度、もう一度組み立てているところです。

– 菅野今オフのメジャー移籍のためにポスティングシステムを申請することができる

原監督どのようになるかは想像の部分で私は強くああだ神田は言えないでしょう。 しかし、監督は、彼が次のシーズンにもジャイアンツのユニフォームを着てくれる戦うことは望んでいるということだけは言えます。

– 次のシーズンの姿勢

原監督シーズンをどうのこうのすることはまだ早いとは思いますが、2021年には、いくつかのメンバーでどのような戦いをするのかということは、しっかりと開幕まで徐々に固めていきたいと思います。

– 三井不動産が読売グループ本社と一緒に東京ドームを買収する方針を固めた

原監督私のニュースで見ていただいて、所有者からの話もあった。 やはり後楽園東京ドームというのは、私たちにかけがえのない場所。 そんな中読売グループがお金を出してくれて、自分たちのものにアクセスする部分においてはありがたい一言ですね。 望んでいるという部分では、ジャイアンツの選手も含めて、OBの方々にも喜んでおられることです。

READ  耳景色が伝承の保護、照ノフジが1 L / 8日目の写真特集 - 相撲ライブ速報:日刊スポーツ

Okano Akemi

「ベーコンオタク。ゾンビ中毒。ハードコアコーヒー愛好家。テレビマニア。音楽マニア。Twitterマヴェン。フードホリック。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close