スポーツ

巨人岡本2億円突破に「高級配信」仰天プラン提案も – プロ野球:日刊スポーツ

巨大なシールを抱え巨人岡本(球団提供)

「2代目若大将」が次のシーズンも「特盛り」ホームランを提供します。巨人岡本和真内野手(24)が16日、都内の球団事務所で契約交渉に臨み、7000万円増の年俸2億1000万円に改正した。25歳シーズンで2億円突破は球団から98年松井秀喜(24歳シーズン)に続いてスピード記録。今季の本塁打、打点の2冠に輝いた若い主砲が「高級配信」で炊飯器を満たし、次のシーズンキャリアの高い更新プログラムを目指す。

◇◇◇

大型 “岡本表示」を肩に担いである。 7000万円増の年俸2億1000万ウォンを勝ち取った岡本はwithコロナに対応したアイデアを披露した。 シーズン中は、妻の手料理で体を作ってきた。 日頃の感謝を込めて、クリスマスの夜に行きたいが、外食も容易ではない状況。 「おいしい配信見つけましょう。いくつかの高級出張を「と報酬プランを構想した。

配達、オバイブーツなど横の文字が飛び交う中で、平成生まれの2代目若大将は、江戸時代まで遡るという「出張」というフレーズを口にした。 日刊スポーツの巨人担当ツイッターでこの「高度な配信」について意見を求めた結果、「マグロの家で処理させていただき、「「家にシェフを呼んで寿司を握ってあげましょう」の仰天プランを提案された。 家族団欒の食卓を囲んで最高級の寿司をほおばっては? 年末年始はSTAY HOMEを満喫してシーズン馬力を蓄える。

今季は出場など、瞬く間の速度で31本塁打、97打点を記録して2冠王に上がった。 リーグ2連覇に大きく貢献活躍に松井秀喜氏に続き、球団史上2番目に若い年齢で年俸2億円を超えるの補償が到着した。 それでも「タイトルを取れたのは嬉しく思いますが、目標にした数字は、すべての到達していなかった。来年キャリアハイ、全試合先発を目指し努力していきたい」と満腹感がない。

岡本もファンに伝えたいことがある。 18年オフの契約更改後の会見では、ユーザーチューバ措置ひカキンを引用子供たちに夢を与えることを目的と掲げた。 昨シーズンは、高度なメロンた注文で話題を振りかけ、この日年俸は2億円を超えた。 「3、4年前には想像もしなかった。すごく嬉しいです。」 シーズンこそ威勢良く「出張ヶ月〜アイコン」と大型アーチで悲願の日本一を送る。[久永 壮真]

◆高級出張大手宅配サービスが大衆手軽家で本格的なお店の味を楽しむことができるようになった。 コロナ流行に需要が高まり、レストランは研究を重ねたサービスを展開。 ミシュランガイドで1つを獲得したフランスのビストロ港区・白金ルー菅家はビストロBOX(2人分)1万9440円。 米国発のステーキ店ウルフ川では、ステーキ(2人前)2万5456円。 焼肉叙々苑で小カット弁当が2500円。 大型回転しなければならしチェーン単発寿司は「出張回転寿司サービス」が9万9000円(スペシャルプラン)から見ることができる。(価格はすべて税込12月16日現在)

READ  レッドブルF1の代表 "ホンダのF1エンジン持続のための対話は、建設的な"[F1-Gate.com]

Okano Akemi

「ベーコンオタク。ゾンビ中毒。ハードコアコーヒー愛好家。テレビマニア。音楽マニア。Twitterマヴェン。フードホリック。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close