巨大技術企業富士通はハッキングされたと言い、データ漏洩警告

Estimated read time 1 min read

画像クレジット: Peter Park / AFP / ゲッティイメージズ

多国籍技術大企業の富士通は、金曜日の声明でサイバー攻撃を確認し、ハッカーが個人データと顧客情報を盗んだ可能性があると警告しました。

富士通関係者は「会社内の複数台の業務用コンピュータにマルウェアが存在することを確認し、内部調査の結果、個人情報と顧客情報を含むファイルが違法に流出する可能性があることを発見した」と明らかにした。 声明から ウェブサイトに日本語に翻訳されています。

富士通は、影響を受けたシステムをネットワークから切断し、ネットワークがマルウェアによってどのように損傷したか、「情報が漏洩したか」を調査していると述べた。

その技術大企業はどのようなマルウェアが使われたのか、サイバー攻撃の性格は具体的に明らかにしていない。

富士通はまた、どのような個人情報が盗まれたのか、従業員、企業顧客、政府が企業技術を利用する市民など、個人情報が誰に関連しているのかを明らかにしていない。

日本に本社を置く富士通は約124,000人の従業員を持ち、世界中で政府と民間の顧客にサービスを提供しています。 技術会社は最近、富士通が開発したHorizo​​nコンピュータソフトウェアのバグに起因する虚偽の会計および盗難の疑いで起訴された数百人の英国郵便局の従業員の不当な有罪判決における彼の役割についての新しい怒りに直面しました。

富士通の担当者は、サイバー攻撃に対するTechCrunchのコメント要求に即座に応答しなかった。

富士通は、個人情報が盗まれた可能性があると予想し、日本のデータ保護機関である個人情報保護委員会にこの事件を報告したと明らかにしました。

同社は、米国を含む他の政府または当局に必要なデータ侵害通知を提出したかどうかを明らかにしていません。


富士通侵害事件についてもっと知っていますか? このレポーターに連絡するには、+1 646-755-8849または電子メールでSignalおよびWhatsAppにお問い合わせください。 SecureDrop経由でファイルや文書を送信することもできます。

READ  Gaiaシリーズ25:日本の技術で命を救う
Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours