スポーツ

差分すると予想される日本の少女、運動夢の急な障害に直面している

TOKYO – Kurumi Mochizukiは肩の骨の間に頭のてっぺんと右足までボールを転がし、12回以上のキックをすることができる熟練したサッカー選手です。 彼女はそれをあまりにも簡単に見えるようにします。

しかし、彼女が東京南東部にある地域のクラブチームと練習するとき、コーチは時折彼女にチームメイトよりも長い休憩を取るように助言し、フィールドでの機器を片付けるときに重いボールバッグを家かなと警告します。

彼女は少女だからです。

13歳のKurumiは彼女のチームで唯一の女の子です。 彼女は彼女の隣人の近くに女性のクラブチームがないので、男性と一緒にします。 彼女の中学校に女子チームがありません。 高校でチームを探すのも難しいでしょう。 くるみ地域の14校のうち一箇所だけが女性のチームを提供しています。 彼の高校でサッカーをする彼女の兄はそのような問題がありませんでした。 学区のほぼすべての高校では、男子サッカーチームがあります。

「少年たちが、より簡単に行うことができます。 ” 「うらやましい」

女性の運動選手が夢を叶えるために多くの努力を傾けなければ日本の少女と女性のためのスポーツの状態です。 機会は、日本社会の厳しい性別規範によって制限され、これは競技場だけでなく、家庭や職場でも女性の人生を形成します。

日本の女性がオリンピックで日本男子を上回って、日本で生まれた女子テニス選手の大阪ナオミが、世界最大のスポーツスターの一人に浮上しながらも、格差は依然として高く評価である。

来月改造する東京オリンピックは別のチャンピオンに油を注いで少女たちに運動の熱望を呼び起こすことができる機会を提供しています。 しかし、オリンピックのスポットライトが暗くなった後でも、Kurumiのような人々はまだ強力な障害に直面することになるでしょう。

日本には、学校が男子と女子に均等な機会を提供するために公的資金を受けることを要求する米国の法令であるTitle IXのような法律がなく、学校が家庭教師のスポーツにどのように多くの費用を費やしているかどうか、または性別に基づいてどのように分類かどうかの公開データがありません。

忍耐する女性運動選手は、多くの場合、女性らしくないことをしているという固定観念を克服しなければならず、少年を引き込んで、後の妻と母になる可能性を威嚇します。 コーチジョチャドイレンズを介して自分の参加を見て、どのような場合には、それらが家庭生活に備えることができるようエチケット授業を提供しています。

政治家が数年間の低迷から抜け出すために、女性を育てなければならないと宣言しているように、日本が女性が様々な分野のリーダーとしての可能性を最大限に発揮するよう助けることに失敗したもう一つの方法です。 現在、多くの女性が家の外で働いているが、それでも男性に後席を占めると予想されます。 そして日常生活での少女と女性は差分、または繊細な行動のかなり狭いテンプレートに従うことを余儀なくされます。

日本のスポーツ科学大学の助教授であるTetsuhiro Kidokoroは「スポーツで上手少年はそれらをロールモデルにすることができます。 「しかし、女性性の定義には、スポーツの得意な少女が含まれていません。」

社会の期待は何であれくるみは、2011年女子ワールドカップで優勝し、2012年のロンドンオリンピックで銀メダルを獲得した日本代表チームの主張である誉社(Homare Sawa)のようにエリートサッカーをしたがる。

彼女は6歳の時に兄に沿ってサッカーを始めました。」子供の頃考えたことがありませんでした。」彼女はチームで唯一の少女と言いました。 「しかし、少し年齢とともに多くのよく知っていました。 “

公立中学校の課外サッカーチームは、技術的に男女共学ですが、チームの40人の選手の一人の少女はありません。 Kurumiは、学校では、新しいグループに侵入するより小学校の時から一緒にしたクラブチームに固執することを決めました。

中学校教頭の小松茂樹(Shigeki Komatsu)は「男と女の間には強さと攻撃性の違いがある」と述べた。 少年たちが砂利で傷を残してクリートが汚れを放つ間の横に立っていた。

東京西部杉並区に住んでいる17歳のKoko Tsujiiはスポーツが男の子のためのという母の見解にもかかわらず、1年生の時からサッカーをすることに決めた。

彼女は現在、男性が女性よりも約5対1であるクラブの女子チームでプレーしています。

ゴールシューティングとパステクニックの教育に加え、チームの少女は、女性性の教訓を取得します。 Kokoが中学校の時、夜間のトレーニングキャンプでコーチの一人の少女たちに適切に繊細であると考えている方法で、お箸と茶碗をとる方法をアドバイスしました。

ココは最近夕方の練習の中で競技場を横切る一連の強烈なスプリントを終えた後、回想した。 「彼は彼がサッカーをするのを聞いたなら、彼はデートする女性に対して偏見を持つと述べた。 “

Kokoは「最初は気に入らなかった。 “しかし、今は、高校に通いながらありがとうございます。 私はいくつかの少年たちがそのようなことに関心があることを悟りました。」

10年前の女子代表チームがワールドカップで優勝した後、日本女子選手たちの状況が良くなるという希望があった。

その勝利の前に、米国の少女は、1999年に米国女子ワールドカップで優勝した後、郊外のサッカークラブに集まっました。

しかし、日本では、同じ種類の繁栄がありませんでした格差が大衆の意識に高揚されていない。

Sasakawa Sports Foundationの2019年の調査によると、10〜19歳の男子学生188万人(その年齢に属するすべての男子学生の3分の1に近い)が、カジュアルまたは月に2回以上のチームでサッカーをした女子学生230,000人に比べて、または4%が少し超えます。

日本の中学校体育文化協会によると、10,324個の中学校のうち48個だけが女子サッカーチームを持っている。 不一致は大人につながります。 日本サッカー協会に登録された選手の5%だけが女性です。

そして、米国のように賃金格差が大きい。 メディアの報道によると、プロサッカーをする男性は女性よりも10倍以上を稼ぐという。

サッカーのほか、最も多くのファンファーレを引き込むスポーツイベントには、男性と女性がいます。 夏の終わり、日本は100年以上甲子園(Koshien)という高校野球大会に熱狂します。 新年が終わるとすぐに多くの観客が男ランナーのみ提供されている大学レベルのマラソンリレー「箱根駅伝」を視聴します。

女性アスリートのボーカル支持者はほとんどなく、ほとんどのコーチは思春期に少女たちが経験する物理的な変化をサポートしていない男性です。

2008年の北京五輪で日本を代表する水泳選手伊藤かに(Hanae Ito)は途中でコーチが彼女が10代の運動選手と、肉が蒸したり、月経関連気分の変化を経験したときに、自分が「精神的に弱い」と述べたと述べた。

“私はそれが私に問題があるか、私が間違ってだと思いました。」と彼女は言いました。 「しかし、私はこのすべてが家父長社会である日本との関連があると思います。 女性のスポーツも、男性の視線で見ている。」

女性運動選手が男性との今後の展望について心配する必要があると考えは深く根付いています。

オリンピック水泳選手の前畑秀子が日本で初めて金メダルを取った女性がされた後、日本最大の新聞の一つである朝日新聞は1936年ベルリン五輪で「次は結婚している」というタイトルで、彼女の勝利を予告しました。

そのような態度は、今日も続いています。 日本のなでしこ女子プロサッカーリーグで活躍し、息子を産むまでスポーツを教え鈴木ゆきは、厳格な性別の定義に不満を感じている。

現在34歳の鈴木氏は、「女性は、しばしば「女性らしく、女性らしく」と言います。 女性に関する日本の基本的な文化を変えなければならないと思います。」

女子学生が遊ぶ機会を得るが男子学生に対する偏見は、小さな方法で表示されます。 くるみが通う中学校で男子生徒バレーボールとバスケットボールチームは練習のために週に3日、ジムを、女子学生は、残りの二日間、ジムを使用します。

くるみは不平等な待遇を心配しないように告げた。 彼女は練習中に重い装置を持ち歩くことを禁止したため、コーチにそれを耐えないと述べた。

彼女は、「コーチが私に関心を持っていると確信しています。」と述べた。 “しかし、個人的に私はそれを持ち歩くことができることを知っています。”

READ  日本、アジアカップ予選の予備選手団選定

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close