市リーダーの日本訪問| ローカルニュース

Estimated read time 1 min read

グリーンズバーグ – ジョシュア・マーシュ(Joshua Marsh)市場とグリーンスバーグ経済開発公社/ディケーター郡取締役ブライアン・ロビンス(Bryan Robbins)は、最近、国際パートナーシップを強化し、グリーンズバーグの経済成長のための新しい道を開くために日本に大韓貿易使節団を終えました。

最近の日本訪問は、インディアナ中南部経済開発グループが主導し、1つのサザンインディアナ、コロンブス、バルトローム郡、Seymour、ジェニングス郡、ジャクソン郡、グリーンズバーグ、デカタール郡の都市と経済開発の代表者が含まれています。

SCIEDは、Decatur郡が会員である会社とサイトの選択コンサルタントに専門知識とサポートを提供できる地域パートナーシップです。

今回の旅行はグリーンズバーグ指導者たちが貿易使節団として日本を訪問した後、15年ぶりに初めてだ。

1週間の旅行中、グリーンズバーグ代表は、NIPRO、GECOM、Honda、Resonac Powdered Metals America、Inc.の経営陣と工場の位置に出会い、私たちのコミュニティと日本の間の継続的な経済関係と新たな潜在的な成長の機会について議論しました。

マーシュ市場は「日本との友情は単なる事業ではなく、尊重と共同の目標に基づいた共同旅程」だと述べた。 「この結束関係を強く保つためには、私たちは公に会話し続け続けなければなりません。品質と革新に焦点を当てることによって、私たちは経済関係をサポートするだけでなく、製造と産業の卓越性への私たちの意志を示しています。外交を通じて架橋を構築し、一緒に挑戦に対抗し、日本との持続的な関係が皆のための協力、尊重、より明るい未来の話になることを保証します。

READ  日本は「クリプト・エルドラド」になります
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours