経済

市場を歪曲していないBOJのETF枚数、Kurodaは言う

日本の銀行黒田晴彦総裁は水曜日の中央銀行のETF(exchange-traded fund)買い取り、市場を歪曲しているという批判を拒否した。

Kurodaはまた、BOJのETF保有が、最近東京の株価上昇により約12〜13兆円(1,160億〜1,250億ドル)の未実現利益を上げていると述べた。

「私はETF枚数が東京株式市場を歪曲しているとは思わない。」黒田は野党議員が資産買収の潜在的な副作用について尋ねられたとき、議会に語った。

「私たちは、総合的な通貨緩和フレームワークの一環として、ETFを購入しています。 私たちは、フレームワークやETF買い入れを終了する予定はありません。」と彼は言いました。

おおよその推定は、東京の日経平均株価が21,000下に落ちない限り、中央銀行のETF保有量の市場価値が帳簿価値の下に落ちないと彼は言った。 日経は水曜日28,628株を記録した。

BOJは現在、大規模な景気刺激策の一環として、年間最大12兆円のETFを購入することを約束します。

今回買い付けは、最近の投資家と一部の議員から批判を呼び起こした。 これらの株価を歪曲しBOJの貸借対照表を過度市場リスクにさらさせている。

現在の保有量は約35兆円で日本ETF市場の約80%を占めています。

しかし、何年もの買い取りもかかわらず、BOJは東京証券取引所に上場された全体の株式の約7%だけが所有しているとKurodaは言った。

Kurodaは「最近ETF枚数頻度と各埋込規模が急激に減少しました。 「我々は、市場の発展を見ながら柔軟に購入しています。 “

コロナウイルス感染症が原因で、今後数年間扶養プログラムを維持する必要がある状況で、BOJは3月に予定されて検討でポリシーツールを「持続可能で効果的」にするためにポリシーツールを検討することです。

消息筋はBOJが資産買収計画に大きな変化を与えないだろうが、非常に緩いポリシーから本格的な後退の市場恐怖を呼び起こさずETF枚数を戻す方法を議論するとReutersに言いました。

Leika Kiharaの報告; 編集:Kim Coghill; 編集:ギムチャンラン、海苔コギル

READ  The Day-Mohegan Gaming、長崎で統合リゾートの入札アフィリエイト

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close