science

希望? この冬南半球のインフルエンザにかかる人がびっくりするほど少なかったが明らかに| ハーフポスト

WHOインフルエンザ監視レポートより

オーストラリアと南アフリカなど南半球の国では、この冬のインフルエンザの流行が記録的に低くなったことがわかりました。

(日本とは季節が逆なので、だいたい6月〜8月の冬です)

オーストラリア政府は、発表資料で、「新型コロナへの対策がインフルエンザの予防に影響を与える可能性がある」と指摘しています。

数ヶ月後に、冬を迎える日本 新型コロナとインフルエンザが同時に流行いわゆる「ツインにミック “気になっていますが、ご希望になるニュースかもしれません。何が起こったのか、少し詳しく紹介します。

「記録的な」インフルエンザ少ない

まず、データを見てみましょう。

南半球の主要地域にオセアニアで「オーストラリア」、アフリカ大陸で「南アフリカ」南米大陸で「チリ “をそれぞれ代表としてインフルエンザの流行のデータを報告します。

グラフは、WHO(世界保健機関)の「Influenza surveillance report “より取得しました。 期間は2019年3月6日から今年9月6日までです。

まず、オーストラリア。

WHO Influenza surveillance reportより。 赤い・矢印などは筆者作成

棒グラフがインフルエンザ陽性た検体数。 赤い線グラフは、陽性率(検体中陽性ましたが、割合)です。

2019年7月頃に大きなピークが流行が起きたことを知ることができます。 ところが、今年7月に(または4月以降)は、ほぼゼロです。

続いて南アフリカ。

WHO Influenza surveillance reportより。 赤い・矢印などは筆者作成

こちらもオーストラリアだけでなく、今年4月以降、ほぼ養成が出ていません。

また、チリ。

WHO Influenza surveillance reportより。 赤い・矢印などは筆者作成

確かに、オーストラリアと南アフリカのような傾向が見て取れます。

過去10年ほどの範囲を広げて、データを見ていたが、各国ここまで冬にインフルエンザが少なかったのはないようです。

コロナウイルスは、インフルエンザも減らすことができますか?

なぜインフルエンザ陽性の数が減ったのでしょうか。 もしかしたら、新型コロナの影響で症状があっても病院に行かないなどで把握されていない患者が多いことではないか? という疑惑も出てきています。

ただし、オーストラリア保健省が出しているレポート読んでみるとそんなこともないでしょう。

ここは、オーストラリアでは、今年に入ってからのインフルエンザ検査数と陽性比率を示したグラフです。

AUSTRALIAN INFLUENZA SURVEILLANCE REPORT No. 10、2020より。 いくつかの筆者によって和訳・補充

青い線グラフは、インフルエンザ検査することができ、毎月の変化です。 8月にかけて大幅に増加していることがわかります。

一方、棒グラフがインフルエンザの陽性率(行われた検査の中で、陽性率)であるが、4月以降はほぼゼロの状態が続いています。

検査は、多くの行われているが、ほとんど検出されなかったので、流行本当にならない可能性が高いと言えるでしょう。

なぜ冬のシーズンインフルエンザの流行が記録的に低くなったのか。 前述した報告書で、オーストラリア保健省は、次のように指摘しています。

新型コロナウイルス感染の流行に関連してなされた公衆衛生対策とメッセージを多くの人が守っているのがインフルエンザを含む急性呼吸器感染症の広がりに影響を与えている可能性が高い。

出典:オーストラリアインフルエンザ監視レポートNo. 10、2020より

新型コロナウイルスで行われている努力は考えてみれば当たり前ですが、インフルエンザ対策にも有効です。 また、コロナ拡散の影響で国を超えた移動が大きく減ったことも、感染の拡散防止に役立つかもしれません。

この冬のシーズン南半球の状況は、「社会の多くの人が同時に感染対策をとると、その効果は驚くべき奇跡を行なう表示される「可能性を示しています。

「慢心」ではなく「希望」と捉え重要性

もちろん、これはあくまでも日本とは異なる南半球の国の事例です。 「もう日本もインフルエンザは心配しなくても大丈夫!」とだけが良いことはありません。

しかし、今、「ツインにミック」、つまり新型コロナやインフルエンザが同時に流行して医療機関が混乱して紛失しなくても明らかな生命が多く失われる事態が懸念されています。

今回示された南半球の事例で、「私たちのすべてが既に実施している感染対策を着実に続けていれば、そのような不幸な事態を防ぐかもしれない」は、「希望」が現れたといいのではないでしょうか。

・適切なマスクを着用

・3の密度を避ける

帰宅時などに手を洗ってください

今、推奨されるこれらの対策を冬に向けても着実に続けて行こう。 と個人的には、容器をいただきました。

また、インフルエンザワクチンがあります。 今季接種希望者が多くなり、不足が懸念されているが、特に高齢など接種が推奨されている方はお早めに検討して頂ければ幸いです。

(2020年9月11日市川衛氏のYahoo!ニュース掲載記事 “[희망? ]この冬南半球のインフルエンザにかかる人がびっくりするほど少なかったが明らかに“より転載しました)

READ  金星の雲の中に存在するかもしれないライフサイクル| sorae宇宙のポータルサイト

Mochizuki Masahiko

ソーシャルメディア実務家。極端なトラブルメーカー。誇り高いテレビ愛好家。受賞歴のあるポップカルチャーホリック。音楽伝道者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close