science

帰還の成功は、スペースX有人宇宙船飛行士が見た地球| ナショナルジオ| NIKKEI STYLE

ナショナルジオグラフィック日本版
スペースXの宇宙船乗組員ドラゴン(右)がISSにドッキングしている。 2020年7月1日撮影。 乗組員ドラゴンは、NASAの宇宙飛行士ダグラスハーレー氏とロバートベンケンさんを乗せて米東部時間2020年5月30日に打ち上げられた。 米国の有人宇宙船の打ち上げは2011年以来。 二人は63日、ISSに滞在中、NASAの宇宙飛行士クリストファー・キャシディ氏とロシアの宇宙飛行士アナトリーこのニシンさんとイワン・ワグナーと作業している飛行士と地球の写真をたくさん撮影した(PHOTOGRAPH BY CHRIS CASSIDY)

パラシュートで空から降下した乗組員ドラゴンは米東部時間2020年8月2日午後2時48分(韓国時間8月3日午前3時48分)米国フロリダ州北西部パンハンドル海のメキシコ湾着水した。

2ヶ月を超える「国際宇宙ステーション」(ISS)旅行を終えて米航空宇宙局(NASA)の宇宙飛行士のロバートベンケンさんとダグラスハーレー氏が米スペースXのカプセル型宇宙船「乗組員ドラゴン」に乗って地球に帰還したある。

2人の帰還により、日本時間5月31日未明に打ち上げられた「デモ2」の試験飛行を完了した。これは米国の9年ぶりの有人宇宙飛行がされたときは、NASAの宇宙飛行士が史上初めて民間企業の宇宙船の飛行するという点でも、歴史に残るミッションた。

有人試験飛行を無事に成功させたスペースXは、NASAの少なくとも今後6回ISSへの飛行を務めている。 次のミッションは、「乗務員1」と、早ければ9月下旬に発売される(宇宙航空研究開発機構= JAXAの野口聡一飛行士が搭乗予定)。 その次は2021年の春に予定されており、ベンケン氏の妻でもある宇宙飛行士ミーガンマッカーサー氏が、夫が、今回の弾のようなクルードラゴンに乗っている。

「妻はスペースXのミッションに任命されたことを非常に嬉しく思います。」 ベンケン氏は帰還前にISSからこう言った。 「乗組員ドラゴンの生活と物事収納のコツなど、ぜひ勧めるところたい」

7月7日、ハーレーさんがISSモジュール間の換気システムをチェックしているところ。 空気の流れを確認して部品を検査する(PHOTOGRAPH BY NASA)

客室乗務員の最初の有人飛行

ベンケンさんとハーレーさんが乗組員ドラゴンをISSとドッキングさせたのは5月31日のこと。 だから待っていた3人の宇宙飛行士と合流した。

「一緒に夕食をしながら、今日を振り返ったり、明日のことを考えたり、世界の出来事について話を交わしたしている仲間が来てくれたのは驚くべきものでした。」 4月にロシアソユーズ宇宙船に到着後、ISSに滞在しているアメリカ人の宇宙飛行士、クリストファー・キャシディ氏はこう語った。

デモ2二人は、滞在期間中にISSの修理や科学実験を助けた。 ベンケンさんとキャシディ氏は4回の船外活動をこなし、電力系統のアップグレードおよび新しい機密区画をインストールするための準備をした。 さらに、もちろん乗務員ドラゴンの性能試験も実施した。

「居住性テストは、インターフェイスのテスト、緊急通信テスト……そして、客室乗務員のドッキングした状態での作業の方法に関する全般的なことです。」とハーリー氏は説明した。 「ほとんどは計画通りに完全になりました。ところどころ調整も必要だったが、ほとんどのことはよくなった」

乗組員ドラゴンが地球に戻る前に、夕方ミッションマネージャーは、フロリダ州周辺の7つの着手候補地からペンサコーラ時沖を選定した。 スピードボートで回収船早く船に到着し、作業に当たれるように、天候や海の状態が穏やかであることを主な条件であった。

READ  なぜ「自粛」「マスク」「帰省」警察が発生? 「「桃太郎」を思い出させるよくわかる "社会心理学者が解説(1/2) | AERA dot(アエラ点)

Mochizuki Masahiko

ソーシャルメディア実務家。極端なトラブルメーカー。誇り高いテレビ愛好家。受賞歴のあるポップカルチャーホリック。音楽伝道者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close