スポーツ

平野あゆむと富田ルキ、スノーボードワールドカップハーフパイプ金メダル獲得

北京オリンピックが始まる一ヶ月も残っていない土曜日、日本のスノーボード選手、平野あゆむと富田ルキがスノーボードワールドカップハーフパイプ大会で優勝しました。

過去2回のオリンピックで銀メダルを獲得した平野は、2017年12月以来初めてワールドカップ優勝を獲得し、20歳ドミタは女子ツアーで初めて優勝しました。

日本選手たちは男子競技で上位6個中4個を占め、Hiranoは95.80点で同胞であるRuka Hiranoを抜いて表彰台に上がった。 ドイツのアンドレ・回プリヒが3位、日本の平野カイシュが4位、アナイ・イッコが6位だった。

Tomitaは89.4点で、2位の中国のCai Xuetong、3位の姉Sena、4位のMitsuki Onoを抜いて優勝した。

日本は女子スロープスタイルでもポディウムフィニッシュを占め、17歳の村瀬ココモ(17)がアメリカのジェイミー・アンダーソン(Jamie Anderson)と2位ニュージーランドのジョイ・サドフスキー・シノット(Zoi Sadowski Synnott)に続き3位を記録した。

冬季オリンピックが2月4日公式に始まる。

間違った情報とあまりに多くの情報が共存する時代に 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読すると、物語を正しく理解するのに役立ちます。

今購読

フォトギャラリー(拡大するにはクリック)

READ  ドルトムントはErling HaalandダブルでRuhrダービーでSchalkeを粉砕します。

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close