世界

年末がなくなったように、「仕事の忘年会」は、このままなくなるか1年の6分の1にも飲み会の調整の無駄| PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

一度でも忘年会を送って「これ以上しなくてもよい」となる

この冬、新型コロナがどのように再び流行するか不安な状況です。 これからの平均気温が低下し、空気が乾燥すると、コロナウイルスの活動が活発になるとします。 すでにフランスでは第二のロックをして、ヨーロッパやアメリカ、インドで感染の拡散が深刻な状態になっています。

写真= iStock.com / Drazen Zigic

※写真はイメージです

一方、日本と韓国、中国などの東アジア地域では、これまで感染が抑制ないしは感染が広がっても、危篤ファイア抑制されてきました。 このまま冬に第3波の感染が再び拡大して欧米に比べて死亡者数は少なく抑えられる可能性もあります。

その前提として考えると、日本におけるこの冬コロナ問題は、経済が大きいとすることができます。 最近の問題は、年末年始の忘年会・新年会の需要です。 特に忘年会は目の前にありますが、今年は一体どうなるのでしょうか?

年末年始の忘年会・新年会の需要はレストランに大きな課題です。 しかし、政府が「GoToは4人まで」と声を出し始めたことで、今年は大企業を中心に、「今回の忘年会禁止」というルールが広がりそうです。 すると「新しい日常」が始まった今、もう一度忘年会をなくした結果、「これ以上はありませんいいんじゃない? 」という意見が出てくるかもしれません。

実際には、新しい日常長期的に影響を及ぼして始めています。 会社に出勤していなくても、リモートで作業が成立する。 出張をしなくても、Web会議に用件が終わる。 きっかけはコロナでもやってみ問題がなかったが、または効率的であることがわかるが、その変化は、アフターコロナもずっと続くでしょう。 すなわち、コロナ以降の経済はオフィスビルやビジネスホテルの需要が元に戻らなくなります。

「会社は家族」の前提が覆された2018年の外傷

若い世代を中心にすでに20年前から「元の忘年会は何だろうか?」「忘年会としなければなら?」という声が上がっています。 会社によって構造はそれぞれだが、部門単位で半強制的に出席を要求する会費制の忘年会について疑問が生じるのは当然かもしれません。 さらに、新年会まで含めると12月、1月という1年のうち約2ヶ月を確実に会食調整に使用することです。

元日本社会で、年末になる忘年会が開かれる小さな社会での結束力を強化するために必要だからです。

遠い昔の日本の労働慣行で終身雇用・年功た時代には、「会社は家族のようなもので、生涯の従業員見守る」という前提があり、年末にはその結束力を確認するためのもので、部門の忘年会にすべて出席することは当然の慣行でした。

は、その労働慣行が崩れ平成30年はどうだったのだろうか。 これは皮肉な話ですが、さらに、会社の組織は、結束力を高める必要が生じます。

READ  スリランカ、貨物船災害による「測定不可能な費用」に直面している| スリランカ

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close