広い日本-アメリカの利回り格差から1ドルあたり145円以内

Estimated read time 1 min read

記事の内容

(Bloomberg) — 米国との継続的に大きな金利格差が日本の通貨を弱めるにつれて、金曜日に円はドルに対する心理的レベルである145レベルに少し及ばなかった。

投資家は、日本連休期間中に取引量が減少し、ボラティリティリスクが高まった中で急激な動きを警戒しています。

記事の内容

この通貨は6月30日以降145を突破せず、145.07を超えると日本当局が市場に介入した2022年末水準に落ちるだろう。 東京時間昼12時48分144.70で着実だった。

記事の内容

円は一週間にわたって圧力を受けており、米国債の30年の債券オークションが悪い結果を得た後、財務省の収益率が上昇するにつれて、木曜日のセッション中は引き続き下落しました。 ベンチマーク10年満期の日本国債利回りは0.6%未満であり、同様の満期国債利回りは約4.1%です。 JGBと国債の両方が日本の祝日のため、金曜日のアジア時間帯に取引されていません。

BOJは7月28日の利回り曲線制御プログラムをより柔軟に調整し、10年物金利が1%まで上昇することを許可しましたが、これは通貨の弱さを妨げませんでした。 これは、中央銀行が収益率の急激な動きを許容しないと明らかにし、上昇を防ぐためにJGBを購入したためです。

中央銀行は、YCCに対する調整が非常に簡単な金融政策から逸脱する段階ではないと繰り返し述べた。 日本は唯一マイナス金利を維持しており、円に負担をかけ続けています。

オーストラリアのコモンウェルス銀行(Commonwealth Bank of Australia)の戦略家であるキャロル・コング(Carol Kong)は、メモで「最近の賃金下落とPPIデータに続き、日本銀行の緊縮政策に対する弱い期待がドル-円を支えている」と述べた。言った。 「また、ドル・円を支えるのは、ガス供給に対する懸念が高まる中、エネルギー価格が急騰したことです」

昨年末円安が明らかになると、日本当局は3回にわたって市場に参入したが、これは1998年以来初めて円を支持するための介入でした。 最初の試みは、円が146に落ちたときでした。

円は今年ドル比9.4%下落し、主要先進国通貨のうち最悪の実績を記録した。 木曜日はユーロあたり159.21に達しましたが、これは2008年以降の単一市場通貨に比べて最も弱いレベルです。

READ  写真で見るアウディ「e-tronスポーツバック」-Car Watch
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours