スポーツ

広島上本がこみ上げ悪送球悔し入れた最初のサヨナラ安打 – プロ野球:日刊スポーツ

広島の阪神9回裏広島1死1,2塁、右にはサヨナラ安打を放ち、ナイン迎えることができ(撮影・加藤孝規)

<히로시마 4-3 한신> ◇28日◇マツダスタジアム

広島上本崇司内野手(30)が、自分の最初のチームにも今季初めてサヨナラ安打を放ち、こみ上げた。

タイになった9回1死1,2塁のチャンスを作成すると、ベンチから「思い切って行け」という声に押され上本が打席に向かった。 「今までのミスは常に持ちながら。でも冷静に」と阪神岩崎の低いチェンジアップに食らいついた。 中堅方向に上がった打球は、前進守備の中堅近いこのガイドの頭を越えた。 ベンチで走ってくる仲間の笑顔に合は思わず涙を流した。

「ミスを連発していた。これまで努力してきて良かった。(私は)切り替えが下手な。周りの人に依存している “先輩や経営陣、裏方に」転換するつもり」「思い切ってやれ」と常に声をかけてもらった。 限られた出場機会も努力してきた姿を誰もが見てきた。 今季はチームメイトと一緒にグラウンドで行う早出特打も、昨シーズンまでは1人の野球場でブルペンで働いていた。 制服を外せば口数は少ないが、グラウンドでは盛り上がり役を務める。 そんな合の日常の姿が、この日のヒーローをめぐる歓喜の輪を拡大した。

今シーズン先発出場は既に個人最多。 シーズン打席も個人最多の1を迫るほど出場機会が増えている。 「そう試合に出るのは初めてだとしたプレーの反りが​​身についています。 ” プレイ機会が増えるほどミスも目立つ。 今までの失策とバント失敗もあった。 この日は、タイされた9回、遊撃守備で1塁悪送球。 明治大学の後輩・モリシタウル勝つたい気持ちで無理な送球が大きく、それ打者走者を二塁進行した。 結果、フランスが後続を抑えたが、阪神の逆転につながる可能性が誤った判断だった。 本人も「姿勢が別々に(ボール)抜けてしまった」と試合後猛省した。

上本頑固チームの今季初終了勝利を呼んだ。 昨年までの切り札的存在で、今季先発の役割もする。 「本当に良い経験をさせてくれている。開始から出てくる途中に出ても変わらない。1プレイ1試合を必死にする」。 チームと一緒に苦い経験を​​糧に、上本は例上がる。[마에하라 아츠시]

READ  4年連続日本一の強さはどこ?元鷹コーチが説明する影のMVPと巨人が欠けていたスプリント| Full-Count

Okano Akemi

「ベーコンオタク。ゾンビ中毒。ハードコアコーヒー愛好家。テレビマニア。音楽マニア。Twitterマヴェン。フードホリック。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close